2016年04月01日

同じチャンスは一度しか来ない!やりたいと思ったことはやってみて! ベトナムで独立した女性若手経営者にインタビュー 同じチャンスは一度しか来ない!やりたいと思ったことはやってみて! ベトナムで独立した女性若手経営者にインタビュー

Rerafeel Spa オーナー

スパなど美容業界のお仕事に就かれたきっかけはなんですか?

 

専門学校でヘアメイクなど美容関係について学びながらブライダルで主にヘアメイクの仕事をしていました。卒業後は、ヒルトンホテルのブライダルで働いたのち、フリーのヘアメイクに転向して、一人の人をプロデュースしていました。その時にヘアメイクだけではなく、エステやリンパマッサージに興味を持ち、表面だけではなくカラダの内側をケアすることの大切さを学び、マッサージの業界にも興味をもつようになりました。

 

 

ベトナムでお店を出されたきっかけは何ですか?

 

実はベトナムで独立してお店を出すことや、海外に住もうという意識すらなかったのですが、ベトナムとの最初の出会いは27歳くらいのときに知り合いがベトナムにいて遊びに来たことです。

最初のころは自分の興味と単純に好きだからという理由でローカルのマッサージから高級のマッサージまでエステに通い詰めていました。

ただ、特にローカルのマッサージでは、薄暗く、スタッフ同士が喋っていたり、施術師の技術が良くなかったという印象がありました。

そんなとき、知り合いからベトナムでお店をオープンしないかという話をされ、やってみようと決心し、ベトナムでお店をオープンさせました。

 

海外でお店を出すことは大変なことがたくさんあると思のですが、出店してから苦労したことは何ですか?

 

たくさんありますよ 笑。

理想と現実の違いはありますよね。例えばベトナム人スタッフの教育。時間通りに来ないとか、お客様に出すグラスのロゴがお客様に見えるようにお出しするとか、1から10まで細かく教えないといけないですね。

また、成長してきたスタッフが突然やめてしまうこともあります。せっかくここまで頑張って教えてきたのに!って思いますよね。

日本では同じ会社に長くいた方がイメージは良いですが、ベトナムではいろいろな会社で働いた経験がある方が評価が良いので、ある程度業務ができてくると特に若い人ではせっかく教えたのにやめてしまう事があります。

 

ベトナムには数多くのスパ・マッサージ店がありますが、その中で勝っていく秘訣は何ですか?

 

施術の技術に絶対の自信はありますね。

また商材はすべて日本製、無添加なので安心。当たり前のことですが、施術中は携帯電話を持たない。スタッフ同士で喋ったりしない。日系レベルのサービスをベトナム人が行います。言葉使いや身だしなみ並みはもちろん、施術後のお見送りまで徹底した細かなサービスを行っています。

 

将来のプラン・夢は何ですか?

 

ブライダルのヘアメイクとかをしてみたいですね。一人をトータルビューティ―のコーディネートをしていきたいですね。写真館で衣装を提供して撮影などもできればと思います。

 

最後にこれから海外に出ていく人たちや若い人たちに向けてメッセージはありますか?

 

やりたいと思ったことはやるべきですね。同じチャンスはもう来ないですから、チャンスがあれば乗ってみるべきです。海外にでれば日本の良さも改善点も改めてわかります。トライしていくことが大事だと思います!

 

神林さん、本日は貴重なお話しありがとうございました!

 

 

〇Rerafeel
住所:8/1 Le Thanh Ton.
電話番号:08 62 730 370  
     0121 5120 821(日本人担当)

E-mail:rerafeel.18@gmail.com

ウェブサイト:http://omisee.vn/rerafeel/

Facebook:Rerafeel
インスタグラム:Rerafeel

 

神林 幸代

プロフィール

お名前 : 神林 幸代