Convenience store
ベトナムのコンビニのホットフードやホットスナックはどうなのでしょうか? 日本でも、チキンや肉まん、おでんなどコンビニのホットフードを利用していた人が多いかと思います。

前のページでも紹介されていますが、ベトナムでは注文したら、その場で簡単な料理をつくってくれます。そしてそれを店内のイートインコーナーで食べることができます。
ランチタイムには、コンビニでご飯を済ませる人を良く見かけます。
日本の様にホットショーケースにチキンやソーセージなどを置いているところもあります。



メニューはインスタントラーメンを調理したものやライスのプレート、バインミーなどレパートリー豊富です。ここでいくつかベトナムのコンビニのホットフードを紹介します。


下の写真のようなライスやヌードルのメニューを作ってくれます。 サークルKでいくつか注文してみました。 実際に食べてみても美味しく食べることができるので、簡単にしっかりご飯を済ませたい人におすすめです。

こちらのライスのプレートは19000ドンとお手頃価格です。

ミートロン(Mi tron)
乾麺を調理したもので、日本でいうと焼きそばみたいなものです
こちらは17,000ドン

 ファミリーマートとミニストップでは、おでんが売っています。 スープはピリ辛で少しフレーバー、完全にベトナム風おでんです。ベトナムでお馴染みのブンやフォーなどの麺とスープの相性がいいのでおすすめです。 どの具材も3000~10000ドンで買うことができます。


ファミリーマートのおでんメニュー。 ファミリーマートでは具材も日本と違い魚肉系が多いです。トウモロコシも具材の一つに入っています。笑

MiniStopでは白滝や卵、こんにゃく、肉団子などより日本でお馴染みのおでん具材を頂くことができます。

ベトナムの肉まんは、中に日本と同じく肉も入っていますが、さらに卵が入っているのが特徴的です。味は卵以外は日本と変わらず、美味しく頂けますが、すこし中の肉が固まっているのが残念です。


日本と同じくスチームケースで陳列されています

サークルKではこのような箱に入れてくれました こちら16000ドン

ミニストップのカレーパンです(15000ドン) 右の写真の中央の列は全てカレーパンで、豚肉、牛肉、エビ、ピザ風など計7種類ものレパートリーをそろえています。
サークルKで買ったベトナム風のちまきです(10000ドン) もちと寒天を足して2で割ったような食感です。中には肉と卵が入っています。 あまりおいしくありませんでした汗

B’smartの蒸しケーキ(10000ドン)

Shop&Goで購入した、フライドポテト(12000ドン) 注文してから調理してくれるので、揚げたてです

ファミマのパテチャウダー(11500ドン) サクサクなパイ生地の中に肉が入っています

サークルKの卵入りバインミー(Banh mi Op la)10000ドンと安い上においしいのでおすすめです

Convenience store



 コンビニと言えば、スイーツと思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? しかし、日本のコンビニと違い、ベトナムではコンビニによって特にスイーツに力をいれているわけではないのか、品数はそこまで多くないようです。 ベトナムのコンビニの中では、ファミリーマートとミニストップがスイーツの品揃えが充実している印象です。 そこでまず、ファミリーマートとミニストップのコンビニスイーツを紹介したいと思います。



Convenience store

ロールケーキ(10000ドン) スポンジもしっとりしていて、文句なしです

シュークリーム(12000ドン) 厚めのシュー生地にカスタードが入っています

ファミマのプリン 瓶入れて売られています

パンナコッタ(15000ドン) さっぱりとした口当たりです

 こちらのPizza 4P’sのプリンは、日本のサークルKの人気商品「窯だしプリン」のような味わいでかなり美味しいです。左は抹茶味です。(プレーン28000ドン、抹茶味30000ドン)



Convenience store

ティラミス(15000ドン)

ミニケーキ(7000ドン) 左がショコラ、右が抹茶です。

チーズケーキ(15000ドン)

抹茶ケーキ(17000ドン)

SAKURA SWEETSのプリン 左から、桜、抹茶、プレーン、チョコと4種類あります。(19000~22000ドン)

ミニシュークリーム 左はチョコ(12000ドン)、右はプレーン(12000ドン)


 ファミリーマート以外でのスイーツは、ゼリーやシュークリームなどで同じメーカー商品が売られていることが多いようです。どれも安くて美味しいですよ。


サークルKで購入したプリン(6500ドン)

形は細長いですが、シュークリームです。上にチョコがのったエクレアバージョンもあります

サークルKのソフトクリーム こちら4000ドンと激安です

サークルKで購入したゼリー
左がココナッツ味(7000ドン)で右がミックス味(6500ドン)です



  同じコンビニといっても、日本で売っていない商品もたくさんあります。 ベトナムのコンビニでしか買うことのできないものを、日本へのお土産にするのもいいかもしれませんね。そこでコンビニで買うことのできるお土産をいくつか紹介したいと思います。


Convenience store
ベトナムと言えばコーヒーですね。コンビニでもコーヒーがたくさん並んでいます。さすがはコーヒー大国です。ベトナムの主要なコーヒーのチェーン店のコーヒーも売っています。日本にいるコーヒー好きなご友人にいかがですか?

Convenience store
ドライフルーツがたくさん並んでいる店舗が多いです。
種類はバナナ、マンゴー、ピーチなどレパートリー豊富です。

Convenience store
とにかく安いベトナムのビール。一缶12000ドン(約65円)~で買うことができます。ビールの味わいは日本のものと比べて少し薄目です。ベトナムでよく飲まれるビールは、333(バーバーバー)やタイガービール、サイゴンスペシャルです。ビール好きの方には嬉しいお土産ですね。

Convenience store
お酒コーナーの隣におつまみが並んでいます。こちらもお酒好きの方に嬉しいお土産です。
特にヒマワリの種は日本でも見かけないので、記念にいかがでしょうか?


フォーのカップ麺やインスタントラーメンも売っています。味も日本と違い、ピリ辛でハーブの風味のものなどベトナム風です。ベトナムと言えば、フォーと思い浮かべる人も多いので、お土産にしたら、喜んでくれる人も多いのではないのでしょうか。

Convenience store
日本にいる方には外国のお菓子というだけでも新鮮ではないのでしょうか?ポテトチップスやチョコレート、クッキーなど日本で目にしないメーカーのものはお土産にいいかもしれませんね。

Convenience store
ベトナムフードに欠かせないヌックマム(魚醤)、チリソースなど一通りの調味料もほとんどのコンビニで手に入れることができます。また日本でベトナム料理にトライしたいという方におすすめです。

Convenience store
シーチキンや魚、スパム缶、フルーツ系のものなど、種類豊富です。
日持ちもするので、自分用の保存食にもいいかもしれませんね。お値段はお手頃で気軽に選べます。

過去のアーカイブ