2017年02月25日

セブンイレブンがベトナムに出店するため、ホーチミン市で従業員の採用を開始

日本のコンビニエンスストアであるセブンイレブン業がアジアで一番の小売業者になるため、ベトナムで従員の採用を開始した。

セブンシステムベトナムカンパニーはホーチミン市で店長、営業、店舗開発、マーケティング・アソシエイト、トレーナーなどの従業員を採用していると述べた。

開店日や店舗数の予定はまだ決まっていない。最初の店舗は2017春にオープンの予定だ。

セブンイレブンがベトナムに出店すれば、小売市場における外国人投資家の競争を激化させる。ベトナムの小売市場は2017年に109億ドルに達する見込みである。

Source: e.vnexpress.net