Updated 2017年05月08日

ハノイのBRT線、改善を要する

ハノイの最初のバス高速運輸線(BRT)は、4カ月間運行したにも関わらず、満席になることはなかった。バスは、帰宅時間は混雑する一方、その他の時間帯は乗客が不足しているという。

ハノイ市は2016年12月31日に、交通の悪化を緩和する対策として、市民に公共交通機関の利用を促進するために、BRT線を開発した。

しかし、BRT線は90人乗りのバスだが、ほとんどの時間帯が空席で、1周で約40人しかバスに乗らないという。

毎日BRT線を利用する医療省長は、「7時~8時半または17時~18時半の間は、バスの席がなくなるほど、バスは混雑している。」と述べた。

しかし、12時~16時は、乗客がほとんどいない状態だ。

地元の学校や大学の近くにはBRT線の停留所がないため、学生の乗客はほとんどいないという。

1兆VND以上かけて開発されたBRT線に対して、多くの専門家が、従来のバスに投資する方が有効だったと不満を抱いている。

それに対し、ハノイの運輸省局長であるVu Van Vien氏は、BRT線の輸送手段はまだベトナムにおいて初期段階であり、多くの経験から改善されていくと述べた。また、より多くの住宅エリアに沿って運行することで、乗客が増え続けるだろうと加えた。

tuoitrenews.vn

キーワード