2017年05月19日

ベトナムの輸出入費用、シンガポールの4倍

ベトナムにおけるビジネス環境の問題に含まれる高い取引価格と過度な調査が、ベトナムのグエン・スアン・フック首相との会合で起業家によって提起された。

約2,000人の国内外の起業家、政府高官、金融機関や専門家団体の代表者が出席するこのイベントでは、ベトナム政府首席とビジネス界の間で開催された最も大規模なプロのビジネス会合である。

ベトナム商工会議所(VCCI)によれば、世界銀行の世界ビジネス環境調査のデータを引用すると、ベトナムで事業を運営する費用は地域の近隣諸国であるシンガポールの4倍で、フィリピンの3倍となり、はるかに高い。

管理手数料、道路通行料、延滞罰金、ガス価格の上昇、海上輸送の割増料金などの追加料も全体費用の要因となる。

ベトナム地質鉱物企業協会によると、ベトナムの企業は毎年あらゆる観点の調査に直面しており、1年に1回以上の検査を行わないという政府の指令とは矛盾している。

VCCIの調査によると、ベトナム企業の13.8%が2016年に少なくとも4回調査されていると指摘された。毎年2回以上調査を受けた企業の半数以上は調査の内容が全く同じであるという。

tuoitrenews

キーワード