2017年07月14日

ベトナム北部、H5N1型鳥インフルエンザ発生か

 

パリに本拠を置く世界動物保健機関(OIE)は、ベトナム農業省の報告書を引用して、北部のHa Namで高病原性があるH5N1型鳥インフルエンザの発生を発表した。

報告書によると、このウイルスは1,135羽に検出されたようだ。鳥の種類は示されておらず、病因は不明である。

ベトナムは、直近の数ヶ月で鳥インフルエンザウイルスが広がっている国の一つである。

ほとんどの鳥インフルエンザウイルスは鳥類にしか感染しないが、H7N9型は人間にも感染し、中国では死亡例がある。

e.vnexpress.net