2017年07月15日

ベトナム航空、夏季期間中は早めの空港到着を呼びかけ

 

ベトナム航空は、空港利用者数のピーク期間である夏季期間が開始したことを受け、通常より早く空港に到着するよう乗客に促した。

同社はウェブサイト上に、乗客は国内線の場合は出発2時間前に、国際線の場合は出発3時間前に空港に到着することを勧める文面を記載した。

このお知らせでは、乗客は搭乗30分前には搭乗ゲートにいることをお勧めしている。

同社のフライトのチェックインカウンターは、通常国内線の出発40分前、国際線の出発50分前に閉め、搭乗ゲートは出発時間の15分前に閉めることになっている。

7月11日よりノイバイ国際空港で拡張工事が開始されたため、チェックインなどの手続きが混雑することが予想される。

ノイバイ国際空港の拡張工事は2018年3月に終了する予定である。この工事はターミナルを横断して行われるので、航空機の運航に悪影響を及ぼす可能性がある。

同社は、乗客の時間節約のため、Web上で行うオンラインチェックインや、空港に設置されたチェックインカウンターを利用することを勧めている。

タンソンニャット国際空港を利用する乗客も、拡張工事中は、空港に2つある滑走路の内1つが利用できないので、この勧告を留意する必要がある。
 

tuoitrenews.vn