Updated 2017年10月09日

ベトナム、労働力輸出政策により日本で雇用を求める若者が増加

安定した将来をおくるため、日本での雇用機会を求めるベトナムの若者が増えている。

地方自治体は、無料の日本語レッスン・特別金利ローン・貧困層向けのビザ手数料負担などのサポートを行い、労働力の輸出をサポートしてきた。 

2014年末、Dong Thap省はローン・無料の語学レッスン・職業相談・健康診断などを地方労働者に提供する労働力輸出プログラムを開始した。

これにより、Dong Thap省は過去3年間で日本と韓国の企業に対し多数の労働者を派遣した。

人民委員会のNguyen Van Duong会長によると、労働力輸出は地方自治体に安定した収入をもたらし、省間の競争力を向上させるという。

また、多くの外国投資を誘発するため、優先事項の1つになっていると述べた。

Dong Thap省雇用サービスセンターのTuyet氏は、多くの労働者が、プログラムに参加することで得られる利益を認識しており、プログラムに加入する意欲のある者が多いと述べた。

vov.vn

 

注目のベトナムニュースを楽々チェック!
POSTEのLINEアカウント登録はこちら

Add Friend

 

 

ハノイ・ホーチミン・ダナン・プノンペンの
おすすめのレストラン・スパをご紹介!

こちらをクリック!