2017年07月17日

マレーシア警察、売春を強要されていたベトナム人女性を保護

 

7月16日の午前、マレーシアで不当なわいせつ行為を強制されていたベトナム人女性19人が救出された。

マレーシア警察は同国Johor州にある7ヵ所の売春宿を捜査し、ベトナム人の他中国人、タイ人などの55人の女性を発見。

捜査に協力したThe Special Task Force for Anti-Vice, Gambling and Gangsterism役員のMohd Shokri氏によると、女性たちの年齢は25歳から35歳とみられ、強制売春をさせられていた可能性がある。

しかし、そのうち36人は移民法に違反して拘留された、と同氏は述べた。

警察の報道によると、ベトナム人の人身売買被害者数は、2016年には13%増加し1,128人となったようだ。

売春相手のほとんどは中国、マレーシア、韓国の男性であった。

国連の調査によると、人身売買された女性と子どもの3分の1は東南アジア出身だという。

e.vnexpress.net