Updated 2017年05月10日

低所得者層へのアパートの規模制限を削減

建設省が、25平方メートルのアパートを建設する提案を承認した。

ベトナム建設省は、不動産開発業者が低所得者層を引き付けるために、25平方メートルの小さなアパートを建設することを許可した。

2015年7月からのベトナムの建設法は、以前のアパートの最小面積を45平方メートルに設定するという要件を廃止したが、それ以降新しい制限は定めていなかった。

2015年12月、低所得者のための住宅開発に関する政府令が施行され、最小面積は25平方メートルに設定された。その法令は、実施される前に関連する省からの指導がしばしば必要とされる。

建設業者や地方当局は、個人、小規模家庭、低所得者を引き付けるために30〜40平方メートルの商業用建物を建設する許可を要求しており、建設省は、大きな需要に対応するため許可していると述べた。

建設省によると、ベトナムは現在、工業団地で220万人が雇用されているが、そのうちの2割しか自宅を持っていないという。

e.vnexpress.net