Updated 2017年10月12日

出光興産、ハノイにガソリンスタンド第一号を開設

最近、日本の出光興産株式会社は、出光Q8ガソリンスタンドの第一号をハノイで開店することを発表した。

外資系企業が地元の石油小売市場に参入したのはこれが初めてだ。

 

出光興産は、1年以上前に、クウェートからの石油・ガスであるKPIと協力して、折半出資合弁会社である出光Q8を設立することを決定した。

その合弁会社は、全国のネットワークを通じて、(小売および卸売の)ガソリン製品を配給する予定である。

 

出光Q8の最高責任者は、小売市場への参入はベトナムのガソリン供給源の改善に役立つだろうと語った。

また、ハノイのThang Long工業地帯に開設した後、同社は北部と南部のネットワークを拡大することを検討していると述べた。

 

長い間、石油小売業はベトナムの事業の特権であった。市場には29の小売業者があるが、少数の大企業、すなわちPetrolimex、PV Oil、Saigon Petroが大半を占めている。

アナリストは、出光Q8の存在が市場を再構築し、市場での真の競争を創出するだろうとコメントした。

english.vov.vn

 

 

注目のベトナムニュースを楽々チェック!
POSTEのLINEアカウント登録はこちら

Add Friend

 


  

ハノイ・ホーチミン・ダナン・プノンペンの
おすすめのレストラン・スパをご紹介!

こちらをクリック!!