Updated 2017年05月18日

日本大手不動産会社との大規模なプロジェクト

バンコクの土地彫刻家によって設計されたさくら公園は、日本とベトナムの文化と建築の完璧な組み合わせだ。

公園には、子供用遊び場コーナーや噴水広場、ピクニックができる芝生など、あらゆる年齢層に適した幅広いエリアが備えられている。公園内の歩道には、美しいシンガポールの桜並木を通るものもあり、ジョギングに最適で、多機能なスポーツエリアもある。

さくら公園は、フーミーフンミッドタウンの複合施設の一部だ。これは日本の大手不動産会社である大和ハウスグループ、野村不動産グループ、住友林業グループと協力するフーミーフンの初めての開発である。

このプロジェクトは、過去3年間の南部サイゴン不動産における巨大な最大投資である。建設資材は厳選され、ヨーロッパから輸入された。

最上階には最高仕様の施設を設備し、川とさくら公園の景色を最大限に楽しむことができる。

このプロジェクトは、2019年に完了する予定だ。

e.vnexpress.net