Updated 2017年02月27日

4月からフエ王宮が夜まで開放される

ベトナムの古都というフエ王宮は観光客が色々な体験ができるように4月から開放される。

フエ市の中心部にある城郭王宮は1802年から1945年にベトナムに存在しており、阮朝の首都に定められていた。

フエ王宮は人気の観光スポットであり、1993年に国際連合教育科学文化機関 (UNESCO)によって世界遺産に登録された。

フエ遺跡保全センター社長のパン・タン・ハイ氏によると、4月22日からフエ王宮は昼間だけでなく、午後7時から午後10時の間に開放される。

観光客は夏の暑さを避けながらフエ王宮で夜、様々な面白い体験ができるように、9月15日まで期間を延長する。」とハイ氏は述べた。

 

警備員の変更儀式、音楽の演奏、宗教的な儀式などの活動が夜、行われる予定である。

夜間に訪問する人はベトナム人なら入場料が120,000ドン、外国人なら入場料が150,000ドンである。

Source: tuoitrenews.vn