Updated 2017年08月12日

HIV感染者、ハノイやホーチミンでは増加か

ベトナム保健省のHIV / AIDS管理部は、年初から3,500人の新しいHIV感染者と約650人のAIDSに関連した死亡者が報告されていると述べた。

同時期と比べ、新規感染率は11%低下し、死亡率は34%低下したという。

それにも関わらず、ハノイ、北部のYen Bai省、Phu Tho省、南部のTay Ninh省、Tien Giang省、Kien Giang省、そしてホーチミン市を含む20の市町村では、HIVウイルスに感染した人々が増加している。

ハノイとホーチミン市における新たな感染症の件数は、全国患者の25%を占めており、それぞれ311件と572件が新たに報告されている。

したがって、拡大を抑制するために、政府が情報と検査活動を増やすことにもっと投資しなければ、人々はその病気が抑制されていると考えるはずだ。

調査により、性的接触がHIV感染の最も一般的な経路であることが判明している。新たな症例のうち48%が性行為によってHIVに罹患していたが、33%が血液への直接接触、特に注射針の共有や輸血、医療施設や特定の血液製剤での事故、そして3%が母親から幼児への伝染である。

sggpnews.org.vn