2017年01月09日

Soc Trang県の特産店で銃声 店のオーナー死亡

1月8日夜、11区の土産物店で起きた射殺事件を調べるためにホーチミン市警察局が現場を捜査している。当初寄せられた情報によると14時半ごろ2人の男性の乗るバイクがNguyen Thi Nho通り230番に到着し、銃を持った一人が35歳の男性を射殺したという。容疑者は共犯者と共に現場から立ち去った。

犠牲となったのはSoc Trang県で特産品店を営む男性で、妻と二人の子供と一緒に数年ほど家を借りて住んでいたという。

事件の情報を受けた後11区の警察が現場に到着し、目撃者の証言を基に、厳重な調査が行われている。当局は初期の段階から、班員が射殺に至った原因は個人的なもめ事が原因だったと推測している。

Source: zing.vn