2015年08月25日

ベトナムで住宅を購入する外国人の為の新規制

ベトナムで住宅を購入する外国人の為の新規制。65/2014/QH13住宅法は2014年12月25日から有り、 2015年から施行されるトナム国会の「新法」と呼ばれています。

 1. 相手

1.1. 外国投資組織や企業、外国企業の支店や駐在員事務所、外国投資基金、ベトナムで活動する外国銀行の支店。

1.2 .ベトナムに入国を許可されている外国人。

 2. 所有権の形式

2.1. 商業アパート、土地に取り付けられた家

2.2. 転売や購入、受贈、相続が可能。個人の場合は、証明書の発給から50年まで。

 コンサルティング、詳細情報

1.1.全ての組織や企業が含まれます。条件は、投資証明書や運転免許を持っていることです。

1.2. ベトナムに入国を許可された全ての個人が含まれており、居住期間は3か月より。法律の規定によって領事、外交免除、インセンティブは付与対象とはなりません。

2.1.商業アパート、貧民対象の為のサポートや社会住宅等特別なアパートは対象外となります。(商業住宅はベトナムのアパート総数に対し約95%)。 一つの建物内の住居数の30%を超えない限度で購入する権利が有ります。

2.2. 50年後は、所有権の期間の延長をすることが出来ます。または、期限前に贈与・売却は可能です。

この記事を書いた人

お名前 :