2017年07月12日

ベトナムにおける採用のポイント− 1. 採用は『スピード勝負』である

ベトナムにて新規で法人を立ち上げたものの、人材採用について苦労をする企業も

少なくないようです。

 

ベトナムは、採用のポイントが当然日本と異なります。

ベトナムで人材を採用する際のポイントや知っておいたほうがよいことを

こちらでご紹介します。

 

今回は 「採用のスピード」について。

 

まず、大前提として、日本語人材、マネージャー層、IT人材、技術系などの求職者は、

複数の企業の選考を御社の他に同時に進めており、

貴社だけに応募しているわけではないことが多いです。

 

日系企業は、面接から採用までのプロセスが長い傾向があり、

採用を検討している間に優秀な方を他社に採用されてしまうことが往々にしてあります。

 

基本的にベトナム人は転職活動を急ぐ傾向があり、待つことをヨシとしません。

優秀な人材であるほど、複数の会社より内定をもらい、

また、就職候補先の採用プロセスのスピードをみながら、

会社の意思決定のスピードを判断することもあります。

 

そのため、スピード感のない会社に興味を失ってしまうこともあります。

 

 

理想としては、面接は1回、

(2次面接がある場合は同日に行う。または、全てのプロセスが一週間以内)

というのが、優秀な人材を採用する際のポイントとなります。

 

せっかくの優秀な人材を逃さないよう、

思い切ってスピーディーに採用を進めるのが吉です。

REERACOEN VIETNAM

この記事を書いた人

お名前 : REERACOEN VIETNAM