2014年08月06日

ホーチミン3大市場

 ベトナムといえば市場ですね。時にぼったくられてしまうこともありますが、それを含めてもベトナムを感じられる場所で1度は行ってみたい場所です。そんな市場も場所によって違いがあるようです。今回はホーチミンにある3つの市場を紹介します。

 

まずは、ホーチミンを代表する市場、レロイ通りに面したベンタイン市場です。レロイ通りの時計台のある南門から入ると市場の見取り図があるので初めにチェックしてください。中にはカワイイ雑貨や衣類が所狭しと展示され、店員さんもやる気満々です。食堂街も中にあり、疲れた時は食事をとることも可能です。様々な料理が用意されていて1つのお店には決められないという方、多くの種類の食べ物があり、おススメです。かなり日本語が堪能な店員もいて、そこは安心なのですがセールスは少々強引です。それを楽しめるようになるとあなたも立派なベトナム通なのかもしれません。ベンタイン市場が閉まった後に隣の道路でナイトマーケットも開かれます。値段は市場に比べて割高ですが、お祭りの屋台みたいで雰囲気は最高です。

商品:アオザイ・衣類・サンダル・コーヒー・茶・菓子・日用雑貨・雑貨・陶器・調味料生鮮食品

住所:Cho Ben Dist.1,HCM City

営業時間:8:00-17:00(いくつかのショップは19時まで)

 

続いてはベトナムのチャイナタウン、チョロンにあるビンタイ市場です。私はベンタイン市場と名前が似ていたので同じものだと思っていました。みなさん気を付けてください。この市場はホーチミン最大で物もたくさんあります。商品のサイズも卸売サイズで大きいです。ベンタイン市場は観光地向けであるのに対し、こちらは現地人向けです。一日では回り切れないでしょうが、商品は多いので、お目当てのものがきっと見つかると思います。注意点はサンダルなどは1足だけでは売ってくれないお店もあります。

商品:衣類・化粧品・日用雑貨・バッグ・サンダル・お菓子・コーヒー・ヘルメット

住所:24 Nguyen Huu Than Phuong Dist6 HCM City

営業時間:6:00-19:00(店により異なる)

アクセス:ベンタイン市場前バスターミナルから1番バスに乗り、終点のチョロン・バスターミナル下車。約40分。そこから徒歩3分です。

 

 最後にアンドン市場(安東)です。ベンタインからタクシーで20分くらいです。1区の風景はもう見飽きたなんて人に良いかもしれません。やはり、どこへ行ってもそうなのですが買い物客は女性のほうが多く、必然的に商品も女性ものが多くなりますね。種類は他の2つの市場に比べて少ないイメージです。衣類が中心の市場なので服を買いたい女性良いでしょう。しかし、ベンタイン市場と比べて値段が安い・セールスがそこまでしつこくないという評判があります。自分でしっかり選びながら市場で買い物したい方にはおススメです。

商品:食品・陶器・食器・衣類・お土産・食堂

住所:34-36 An Duong Vuong Q.5