2017年07月12日

初めて来られる方にもわかりやすい ホーチミンの不動産②

2回目の今回は、ホーチミンのオフィス事情を簡単にお伝えさせて頂きます。
 
ホーチミンのオフィス賃料は、オフィス賃貸コスト50位にランクインしており、実は比較的高い賃料水準の都市となっております。
これまで賃料は下落傾向にありましたが、2013年度には下落にストップがかかり横ばい傾向に、2014年度現在はビジネスの中心地1区では進出企業から希望が多い価格帯のオフィスでは、空室がなくなっている物件も出始め、全体的に値下げ交渉がしにくくなっている傾向が見られております。
 
来年以降上昇に転じる可能性以外にも、長期的に見て$に対するドンが安くなる可能性も秘めている為、また同じ賃料予算で来年以降は、中心地近くが検討できなくなる可能性もある為、引越しを検討する企業が増え、契約内容も現相場での固定レートでの長期契約を希望される傾向が出てきております。
 
 
オフィスは、格付会社によりグレードA~Cにランク付けが行なわれております。
 
新規進出の日系企業では1区3区のB、Cのランクのビルの人気があり、広さや契約期間等の条件によって変化しますが、目安賃料単価(管理費、VAT込)は、下記のようになります。
 
グレードA 35~50USD/m2
グレードB 25~40USD/m2
グレードC 15~25USD/m2
 
 
 
次回は、ホーチミン市の住居についてです。
鈴木 秀章

この記事を書いた人

お名前 : 鈴木 秀章