2014年10月26日

ベトナムでビジネスするための投資情報: 株式会社の定款作成・法律上の代表者

VOL4 株式会社の定款作成・法律上の代表者

1.株式会社の定款作成

―定款とは会社の憲法にあたるもので、会社の設立手続き上必ず作成しなければならない書類の一つです。
―会社法では会社の運営は定款による自治を示しています。
つまり、定款を作成するということはこれから設立する会社の規則を策定することを意味します。

―定款資金は社員・株主から出し合い、情報は会社の定款に保存されます。

―定款資金には上限と下限はありません。しかし、会社の計画通りに資金を登録して期間までに資金を出し合わなければなりません。

2. 法律上の代表者:

―代表者は経営活動の全てに責任を負います。会社の代表として国家官局、個人や団体等と契約を結び行政手続きをします。

―職務:社長。

―代表者は必ずベトナムに居住しなければなりません。30日以上出国する場合は代表者の権利と義務が順調に実行されることを保障するために、会社定款に基づき他の社員に書面で委任しなければなりません。

―代表者が外国人の場合、居住証明書が必要です。( Degree 21/2001/NĐ-CP 2001年5月28日)

― 有限責任会社(出資者2人以上)の場合、代表者が定款資本金の10%以上を所有しなければなりません。

― 株式会社の場合、代表者は定款資本金の5%以上を所有しなければなりません。

VOL1:ベトナムの会社の種類

VOL2:会社名と会社事務所の選択

VOL3:産業と法定資金

 

Tracy Le

この記事を書いた人

お名前 : Tracy Le