2014年06月25日

ハノイのアパート、下水が流れ込み大惨事

今月(6月)のうち半月以上、B5ザンボー(ドンダー区、ハノイ市)というアパートの住人達は、下水が家の中まで流れ込んでいることで、ひどく被害を被っている。
 
最も酷いのはアパート1階、グエン·ティ·チュンさん(70歳・女性)宅だと思われる。チュンさん宅では下水がベッドまで溢れるという状況がもう3週間ものあいだ続いている。
 
 
 
チュンさんと息子さんは悪臭に耐えながら暮らしている。毎日、チュンさんはポンプを使用して下水を外に排出しなければならない
「私は70歳になって体がだんだん弱くなってきました。その上、足の関節炎があり、動くのはもっと辛くなってきています。6月7日からずっと、家が下水で溢れると臭いが発生して頭が痛くなります。ザンボー議会へ建議しても、現に、決定的な解決策はまだ出されていません。」とチュンさんは言う。
 
同じくアパート1階のチュ・ホアン・フイさん(28歳・男性)宅も同様の状況下にあり、下水でキッチンが浸水してしまった。フイさんも毎日、下水を汲み出すために大容量ポンプを使用しなければならない。フイさんは、悪臭が発生して眠れないため、親類の家に滞在している。
 
 
 
下水でアパートが浸水している原因に関し、アパートの住人達は、以前はこのようなことが起きたことは無く、6月7日から始まったことだと述べている。この日はB5アパートの裏でサオ・フオン・ドンホテルの建設が開始された日であった。B5アパートに沿った形で下水道が敷かれており、この土地を掘削したことで、多数の家屋の土台が下水で浸水してしまった。この地区の住民達は、投資家や建設会社へ建議したが、問題は未だに解決されてない。
 
一方、ザンボー議会は住民の建議を受け取った上、6月19日に下水を処理したが、またすぐに下水が1階の住人達の部屋まで溢れた。
住人達は、隣接する建物の下水道システムが故障したことにより下水が溢れているのではと主張している。
Source: Dantri.com.vn