2014年09月07日

ベトナムでの中秋節

ベトナムでは、旧暦の8月15日を中秋節と呼ばれます。これは広く語られるCuộiの伝説が起源となっています。彼の妻はうっかり神聖なガジュマルの木に尿をし、木を冒涜してしまった。そしてその木の枝に座った時、木は成長を始めて、とうとうCuộiの妻は月まで飛んでいってしまいました。毎年中秋節の間、子供たちは提灯を灯して、Cuộiの妻に地上へ帰る道を教えているのです。

テト(お正月)と旧暦の 8月15日の中秋節の時は家族が集まります。ベトナムの中秋節にはお茶と月餅を食べる習慣があります。

他 の重要な行事は、中秋節の前や最中に行われる獅子舞です。獅子舞のグループは通りで踊り、市民の家で踊ってもいいかと頼みます。もし許可があれば、獅子が 家の中に入って踊り、家のために幸運を祈ります。また、家主は感謝を示すために、獅子舞のグループにお金を贈ります。

ベトナムの月餅は主に2種類に渡ります。焼餅の皮は小麦粉で作られ、中はレモン菜、ばら肉、腸詰め、スイカの煎った種、鹹蛋の黄身などと混ぜて 作られます。月餅を形成した後、ヒーターに置いて焼いてきます。また、焼かない餅もあります。この餅のタイプの中身は緑豆又は小豆餡と鹹蛋の黄身で作られます。現在は、親しい人や同僚にこの中秋節品物を贈ることが人気です。

中秋節には、提灯が売り切れになります。有名な提灯を売る通りでは、大勢の人で混雑しています。ホーチミン市で、ルンニュホック通り(5区)で皆様はお土産に提灯を買うだけではなく、提灯通りの賑わいを見に行きます。

今年の中秋節は西暦の9月8日です。ベトナムの毎年唯一の伝統的な中秋節を堪能するチャンスを逃さないでください。