2014年08月17日

ベトナムでの韓流文化の波

韓流というのは中国、日本、東南アジアに及ぶ韓国文化の波です。90年代から、韓流はロマンチックな映画を通じてベトナムに来た。面白い内容、綺麗な俳優は韓国映画の魅力です。現在、ドラマだけではなく、韓国では多くのアイドルもいる、流行の衣装と覚えやすい歌詞で若者に人気がある。

歌手フンタン、Ngoi Sao Vietコンテスト(越韓音楽のコンテスト)の審査員は「ベトナム聴衆がK-popに興味がもつ理由は音楽と歌声だけでなく、ダンス、容姿がいいことが重要な事です。」と述べました。

しかし、ベトナムでのK-popは「楽しみのために聞く」に過ぎなく、経営して利益を儲けられる市場にすることは出来ないでいる。

ジュインハンさん(ベトナムの公演市場で投資する機会を探している韓国の投資家)は「ベトナムの若者はほとんど無料のメディアを通じて韓国の音楽を聞いている。インターネット、テレビ等。興味はあるけど、オフィシャルアルバム、CD/DVDを買う人はまだ少ない。韓国歌手のコンサートのチケットを買う人もあまり多くない。それゆえ、経済的に私たちはベトナムでまだ投資する時ではない。」と述べました。

だが、映画と音楽を通じて、ベトナム人は韓国の製品を使い心理が刺激されました、特に若者と中流階級の人は、アイドルのような服装と化粧に憧れます。また、韓国もアジアなので、ファッションと化粧品はベトナム人にも合っていて、値段と種類も多様です。韓流によって、ベトナム市場で、K-popはまだ売り切れにはならないが、韓国の化粧品やファッション品は大ヒットしました。

つまり、世界の若者たちもベトナムの若者たち も、みんな新しい事に憧れる。ところが、短期的に他の新しい事に変わってしまいます。そのため、ベトナムでは韓流の将来はまだ予測できていません。