2014年09月23日

ベトナムでのIPhoneトレンド

 2007年に、IPhoneは初めて発売された。それから、IPhoneは技術革新を持って、ユーザーの使用目的に合わせて、世界のトレンドになった。トレンドを追いかける人、技術に興味がある人にとってIPhoneは全てのニーズを満たすことができる。今では、IPhone発売日に購入者は列に並ぶことは当たり前になっています。

 今年、シンガポールでは長蛇の列が出来ました。半分ぐらいはベトナム留学生とベトナム携帯電話ストアの店員です。彼らは自身の使用のために1つ、さらに転売目的に購入します。ベトナムではアップルストアがない。販売代理店と契約しなければ販売できないため、正式な発売は10月下旬になる。正式な発売は10月下旬だが、闇市場ではシンガポールなどのものが転売されるため、早く発売される。

 ベトナムではIPhoneを初めに買った5人が翌日の新聞に紹介される。新聞に載りたい人は多くいるため、IPhoneの価格も上昇する。ベトナムで1番初めに買ったIPhoneの価格には驚かされた。去年は1台目のIPhone5Sの価格は5000万ドン($2350)でした。今回の1台目のIPhone6の価格はさらに高額になりました。9月19日にベトナムの某携帯電話代理店が発表した1台目の価格は、IPhone6は4900万ドン($2300)、IPhone6プラスは7900万ドン($3710)です。

IPhoneをゴールド仕様にしたい場合は、別途約1000~3000万ドン($470-$1410)追加で支払います。ビジネスパートナーにゴールド仕様IPhoneをプレゼントすることもあります。2,3ヶ月が過ぎて、Iphone6の価格水準は1800~2000万ドン($850-940)に下がる見込みです。

Appleの最高経営責任者ティム・クックによって、ベトナムで2014年二期の報告は、一期に比べてIPhone取引量は3倍になりました。闇市場で販売されたIPhoneを追加すれば、これはすごい数字になります。

しかし、途上国ベトナムの平均収入にとって、携帯電話に2000万ドンを支払う事はとても難しいです。

ある社員は「IPhone5S価格は私の3ヶ月分の給料を使いました。少し後悔したたが、友達や同僚と話す時、自信が持てる」と述べました。

ベトナムでIPhoneブームの要因は品質と技術価値ではなく、ブランドがとても大きいです。この思考が存在している限り、ベトナム消費者は、2,3ヶ月待てば安くなることを知りながらも、最新機種を早く手に入れたいと思う気持ちによって3〜4倍の値段を支払う。