2014年07月08日

調理師約100人が、ニャチャンで開催されるベトナム料理フェスティバルにて腕を競う

ベトナム料理フェスティバルがニャチャンで行なわれる。
様々な催し物や、ベトナムの3地域(北部、中部、南部)の地域料理を楽しめる。この時期に観光で訪れる方はぜひ足を運んでみよう。
 
7月8日から13日まで、ニャチャン海沿いの都市(カインホア省)にて開催される予定。このフェスティバルにはベトナム全土から100人のプロの調理師が参加する。フェスティバルではベトナムの飲食文化の精華さを重んじ、国民・外国人観光客の両方にこの文化を紹介することを目的としている。
 
 
フェスティバルの目玉となるのは北部、中部、南部、3つの地域の料理コンテスト。各調理師はそれぞれの故郷の特徴ある料理を、昔ながらのベトナム、そして現代のベトナムの雰囲気を織り交ぜてその場で料理する。
 
コンテストでは、委員会が決定した課題料理1品と、それぞれが自由に決定した料理1品、合計2品を審査する。
グランプリには賞金15,000,000VNDと記念杯が与えられ、審査員はホーチミン市とニャチャン県の有名ホテルに勤める調理師たちが務める。
 
コンテストの他に、出店される450の屋台も見もの。屋台は昨今の飲食市場をモチーフとし、昔の市場を再現する為、そのデザイン通りに設営される。各地の特産品はブンボーフエ、ミークアン、ブンチャーカー(揚げかまぼこスープ)などである。訪れた人々はこれらの食べ物を楽しむことができる。