Updated 2017年12月12日

中国政府の融資未払いが原因でメトロ建設がさらに延期か

中国政府の融資未払い問題は、引き続きメトロ建設を遅延させている。

運輸省によると、 ハノイのCat LinhからHa Dongへ北上する最初の高架鉄道の主契約者は、プロジェクトの期限を2018年後半に延期することを提案した。

 

新しいスケジュールでは、2018年9月初旬に試運転が行われ、翌月には全稼動に入る予定だ。これは、2018年中頃までには完全に稼働する予定であった以前のスケジュールと比較すると、11ヶ月の遅延が生じると予想される。

 

「これは正式なスケジュールではなく、中国の請負業者の見積もりである。」とNguyen Ngoc Dong副大臣は述べた。輸送部は、プロジェクトの運営理事会に進捗状況を見直し、2018年1月に報告書を首相に提出するよう要請した。

 

主契約者である中国のChina Railway Sixth Group社は、遅れの原因として、中国からの公的開発援助(ODA)の2億5000万ドルの支払いの延期を要求したことにあると主張した。主請負業者は、ベトナムの請負業者に対して、すでに運転資本から6500万ドルを払っているにも関わらず、依然として6,000億ドン(2650万ドル)以上の借金がある。

 

プロジェクトの総支配人であるTang Hong氏は、10月に、中国大使館に不足資金の払い出しを促し、プロジェクトのスピードアップを図るために運輸省と協力しており、ベトナムはすべての支出問題を解決したが、中国側の必要な手続きはまだ完了していないと述べた。

 

現在、建設工事の95%が完了しており、輸入設備の60%がベトナムに到着し、残りの40%は現在設置中だという。請負業者は、信号と電子システムを設置し、今後数ヶ月で駅の建設を完了することが期待される。

 

2011年10月に始まった13キロ以上の道路を走るCat Linh-Ha Dong高架鉄道での作業は、もともと2013年に完了予定だが、中国の請負業者の問題を含むいくつかの基準が、プロジェクトを長年停滞させている。

本来の原価見積もりは、5億5000万ドルだったが、中国からの融資である6億7000万ドルを含め、8億6,800万ドル以上に膨らんだ。

vn express

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する

ポステのイチオシ!

Copyright © Poste Co.,Ltd. All rights reserved.