Updated 2017年10月17日

外国航空会社、ベトナムへの新しい航空路開設のラッシュか

外国航空会社は、競合他社に追いつくため、ベトナムへの新たな航空路を開設している。

バンコク航空はスワンナプーム空港から出発するバンコク-フーコック島間の航空路を開設した。

2016年5月にダナン-バンコク間を開設したバンコク航空は、1週間に2便提供していた。2017年2月からは、毎日1便提供している。

 

この計画では、ハノイからフーコック島への最初の直行便は今月下旬に提供される予定だ。

バンコク航空は、毎週火曜日、木曜日、金曜日、日曜日にバンコクから4本の帰国便を70席のATR 72-600で提供する予定だ。

 

これは、フーコックへの直行便を開始した最初のタイの航空会社である。

フーコックは現在、東南アジアで最も有名な観光地のひとつだ。

 

他の外国航空会社も、新しい航空路を開設する計画を発表した。

2014年以来、ハノイ-仁川間のフライトでベトナムにある済州航空は、ニャチャン-ソウル間の航空路を開設する予定である。

 

エアアジアは、クアラルンプール-ニャチャン間を開設した後、他の航空会社が運航する航空運賃の半分に相当する価格でホーチミン市-マニラ航路における競争に参加することを決定した。

english.vov.vn

 

 

注目のベトナムニュースを楽々チェック!
POSTEのLINEアカウント登録はこちら

Add Friend

 


 

ハノイ・ホーチミン・ダナン・プノンペンの
おすすめのレストラン・スパをご紹介!

こちらをクリック!!