Updated 2018年01月18日

ベトナム南部、「セオム」がGrabバイクのドライバーに暴行

火曜日、ベトナム南部Bien Hoa市にあるAmata工業団地で2人のGrabバイクの運転手とセオム(従来のバイクタクシー)の運転手との間で対立が起こり、Grabバイクの運転手が暴行を受けた。

その際の乱闘の様子を写したビデオがSNSで拡散され、頭から血を流したGrabバイクの運転手1人が病院に運ばれた。

地元警察は火曜日に、怪我をしたGrabバイクの運転手が訴えた後、その事件を調べていると報告した。

警察官によると、この乱闘は午前9時に発生し、負傷したGrabバイクの運転手はBien Hoa市に住むNguyen Quang Tuoi氏(35歳)と確認された。

 

Tuoi氏は、Amata工業団地にバイクを駐車している時、彼の同僚がセオムのグループに囲まれ、攻撃されているのを見つけ、すぐに彼を助けるために急いで向かった。

しかしその後、対立は激化し、セオムの運転手はGrabバイクの運転手を襲うためにいくつかの棒をつかんだ。

Tuoi氏は逃げ出そうとした時に地面に倒れ、セオムドライバーから数回打たれたという。Tuoi氏は地元の病院に入院し、頭部の傷口に5針の縫合を受けた。

 

Grabbikeドライバーとセオム(従来のバイクタクシー)のドライバーとの対立が激化したのはこれが初めてではない。

 

2017年9月、ホーチミン市のAn Suongバス停近くでGrabバイクドライバーがセオムグループから暴行を受け、1人が入院した。

 

同年6月、同様の事件がMien Tayバス停付近でも発生し、警察が空中に発砲して乱闘が暴力的になるのを防いだという。

tuoitrenews

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する

Copyright © Poste Co.,Ltd. All rights reserved.