<ベトナムの販売代理店との契約を打ち切ると発表した日産(写真提供:Reuters)>

 

日系自動車メーカーの日産はベトナムの販売代理店Tan Chongとの契約を打ち切ると発表したが、理由は明らかにされていないという。

 

マレーシア系企業のTan Chong Motor Holdings Bhdは、来年9月10日からベトナムにおいて日産の自動車や部品の輸入・販売を停止すると述べた。

 

Tan Chong社は「ベトナムにおいて相互利益を生み出せる新たな解決策や機会に関しては、まだまだ議論の余地がある」とコメントした。

 

日産はこれに対し、「Tan Chong社との契約の打ち切りはベトナムでの売上に影響を及ぼさないだろう」と述べた。

 

日産によると、事業運営は短期的には変わらず、12月18日にはベトナムで7人乗りの新型SUV Terraを披露する予定だという。

 

マレーシアに拠点を置く多国籍企業のTan Chong社はマレーシアやベトナムだけでなく、ラオスやカンボジア、ミャンマーにおける日産自動車の正規販売代理店である。

 

マレーシアではOpel、Renault、Fotonの自動車も販売しているという。Tan Chong社の子会社であるMotor Image社はベトナムを含む東南アジアでSUBARUの自動車を製造・販売している。

 

出典:VnExpress

 

関連記事