1月30日〜2月10日にかけて、ホーチミン1区のTao Dan公園では「Spring Flower Festival 2019」が開催されている。「Spring Flower Festival 2019」は毎年恒例イベントで、テトを祝う外国人観光客や地元住民から人気を集めている。

 


<ホーチミン市の代表らが「Spring Flower Festival 2019」を訪れている様子(写真:SGGP)>


「Spring Flower Festival 2019」には3000以上の植物、盆栽、岩の庭、ドライツリー、石像、サボテン、魚の飾り、蘭などを含む貴重な花、6メートル以上ある杏の木、景色のミニチュア、80種類以上の貴重な植物などが展示されている。


「Spring Flower Festival 2019」は花の展示エリア、伝統的あそびエリアと40店以上のお土産・ギフトショップが設置されている。

 

実行委員会は、恵まれない子どもたちやテト期間に帰省できない経済特区で働く労働者に対して、バスの運賃に関するポケットサイズのガイドブックを1000冊、バスチケットを3000枚プレゼントする予定だという。


<「Spring Flower Festival 2019」のセレモニーでリボンをカットする様子>

 


開会式のミュージックパフォーマンスの様子>

 


<「Spring Flower Festival 2019」は多くの人を魅了している>

 

出典:SGGP

 

関連記事