Updated 2017年12月29日

ベトナム国立交響楽団と日本人ヴァイオリニスト、1月1日にハノイでコンサート

「V-コンサート:ハッピーニューイヤー」というタイトルのコンサートで、ゲストヴァイオリニストの松田理奈さんと指揮者の本名徹次さんのもと、ベトナム国立交響楽団のミュージシャンが演奏します。


松田理奈さんについてはこちら

 

最初のパートは、ミュージシャンのDo Kien Cuongさんの「Happy New Year」で始まるベトナムの作品です。他の作品には、Nguyen Dinh LongさんのBai Ca Que Huong(母国の歌)とLe QuangさんのTo Quoc(故国)が演奏されます。

 

ベトナム北部のTrong Com(円柱ドラム)とKho Mu民族のMua Roi(雨の降る音)の2つの民族品がミュージシャンDo Hong QuanさんとDang Huu Phucさんによってオーケストラに編曲されます。

 

歌手のDang DuongさんとDinh Trangさんは、最初のパートでベトナムのアリアとオペラの抜粋を上演します。

 

「V-コンサート:ハッピーニューイヤー」では、ヨハン・シュトラウス2世の「春の声」、ベートーヴェンの交響曲第5番、モーツァルトのアレルヤ、その他ドミートリイ・ショスタコーヴィチ、ジョアキーノ・ロッシーニ、ヨハネス・ブラームスなど、世界の名曲を演奏します。

 

【イベント情報詳細】

日時:2018年1月1日(月)

時間:20:00〜23:00

場所:ハノイオペラハウス

住所:01 Tràng Tiền, Hà Nội