ホーチミン【ヨーロピアン・アイセンター】で受けられる最新の視力矯正治療「プレレックス」

ホーチミン【ヨーロピアン・アイセンター】で受けられる最新の視力矯正治療「プレレックス」
ホーチミン【ヨーロピアン・アイセンター】で受けられる最新の視力矯正治療「プレレックス」

視力の矯正をしたいという方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

ホーチミン2区のタオディエンにある眼科「ヨーロピアン・アイセンター(European Eye Center)」では、最新技術や機器を使用し、安心して治療を受けることができます。

 

そんな「ヨーロピアン・アイセンター(European Eye Center)」から視力矯正治療「プレレックス( PreLex)」のお知らせです!

 

 

「プレレックス(PreLex)」とは?

 

「プレレックス(PreLex)」は、日本で「老眼レンズ交換」と呼ばれる視力矯正で、現在瞳の中にある老眼のレンズ(水晶体)を多少点のレンズに取り替える治療法です。

 

プレレックス(PreLex)は50歳以上や、若い年代でも視力矯正が可能なので、近視が進行する10代や、加齢による老眼を矯正することはできないレーシック治療よりも優れていると言えます。

 

白内障手術でかつてから用いられている単焦点のレンズは、遠距離または近距離のどちらか一方しか見やすくなりませんが、より人間が持つ自然な目の機能に似ている多焦点のレンズは、遠近両方見やすくなります!

 

また、プレレックス(PreLex)で交換された多焦点のレンズは、人間が持っているレンズのように加齢に伴って視力が衰えることはなく、視力が維持されるのでメガネをほとんど、またはまったく使用することはありません!

 

改善できる症状をチェック!

以下のいずれかの項目に当てはまる方は、プレレックス(PreLex)によって改善することができます!

 

  • 加齢性白内障により、水晶体が混濁している方
  • 加齢とともに失われた眼球の柔軟性によって焦点を合わせることが難しい方(40歳を超えると、近くを見るのが難しくなります。)
  • 近視の方(特にレーシック治療が選択肢にない方)
  • 遠視の方

 

また、もし過去にレーシック治療を受けたことがある方でも、プレレックス(PreLex)を受けることができます。

 

術後について

手術となると副作用も気になりますが、測定機器の進歩や最新のインプラントレンズによる劇的な精度の向上で、術後の副作用が最小限に抑えられています。

 

術後の回復速度には個人差があり、新しいレンズに目が順応する間に光の周りに円光が見える場合もありますが、ほとんどはすぐに視力の改善がみられています。

 

また、「ヨーロピアン・アイセンター(European Eye Center)」では患者さんの目の見え方が最も良くなるよう、最新の機器とインプラントレンズを使用しています。

 

さらに、20年以上眼の病気や手術に携わってきたオランダ出身のフェルヴェルダ先生が担当しているので、安心して治療を受けることができます。

 

プレレックス(PreLex)に関して気になった方はぜひ、お問い合わせやフェルヴェルダ先生にご相談をしてみてください!
 

 

詳細情報

 

Line Banner

ホットニュース

ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories