2016年05月05日

バイクに乗ろう!乗るときの注意点

 

ベトナムといえばバイク!

 

 

どんなに狭い道でもバイクでサッとすり抜けてしまうベトナム人…すごい!

一台あればどんなところでもで移動できて便利ですよね。でも実際にバイクに乗りたくても、どこでどうやって借りたらいいのか分からないという方が多いと思います。

 

そんな方のために、ベトナムでのバイクの借り方と乗り方を教えちゃいます♪

 

バイクを借りる前に…

バイクを借りる前に、知っておかなければいけないことがあります!

①無免許運転は違法

 当たり前ですが無免許での運転は違法です。捕まらなければいいとも考えられるかもしれませんが、バイクの免許はすぐに取得できるので、安心して運転したい方はぜひ取得してくださいね。ちなみに国際免許は無意味です、持っていてもバイクの運転は認められません…

②パスポートが必要

 バイクを借りるときにはほとんどの場合パスポートが必要です。コピーでもOKのところもありますが、提示・提出を求められたら応じましょう。どうしても心配な方は交渉すればデポジットの支払いで許してくれる場合もたまにあります。ホテルに滞在している方は、ホテル名や部屋番号を聞かれることもあるようなので、予めどこかに控えておくことをお勧めします。

③ガソリンはほぼ空っぽ!

 日本のレンタル制度ではガソリンは満タンで借りる、返すのが普通ですがベトナムは違います。バイクを借りたらまず、ガソリンスタンドでガソリンを入れましょう。返す時は満タンにして返します。そうでないとガソリン代を請求されることがあります…

 

バイクを借りる場所

バイクは主にホテル旅行・ツアー会社レンタルバイク屋で借りることができます。

ホテルやツアー会社であれば宿泊代やツアー代にレンタル料を加算するという形で請求されますが、レンタルバイク屋で借りる場合は$6~10くらいで借りることができます。大きさはほとんどの場合100㏄です。

 

バイクを運転するときのルール

①ヘルメット着用

 少し前まではヘルメットなしで乗る人も多かったようですが、最近は着用が義務付けられています。レンタルする場合は大抵ヘルメットもセットでついているので、必ず着用しましょう。

②右側通行

 日本ではバイクは左側ですがベトナムでバイクは右側通行です。また、片側2車線の場合も右側がバイク車線、3車線以上の場合は右の日本がバイク車線です。これを守らずに公安に捕まるケースも多いようです、気を付けましょう。

③赤信号でも右折はできる

 信号が赤でも右折だけはできます!歩行者や直進車に気を付けて走りましょう。

④大型車には気を付けて!

 数で勝るのはバイクですが、大型車優先は暗黙のルール。乗用車はもちろん、バスやトラックには十分t注意して運転しましょう!

 

 

このように日本の調子で運転するとトラブルになったり危険な目にあってしまいます。

バイクを借りる前にしっかりとルールを確認して、安心安全で気持ちの良いドライブを楽しんでくださいね★