2014年04月30日

日本ーベトナムで通信教育!?ベトナムでBenesseやZ会を受講する

 

チャレンジや進研ゼミで有名なあのBenesseと、大学受験でお世話になっていない人はおそらくいない(?)あのZ会の通信教育が、なんとここベトナムでも受講できるようです。

お子さんが小学校高学年や中学生にもなると、受験に気を使い出すこともあると思いますが、

そんな中、日本の全国標準の教育が受けられるこれらの通信教育は重宝されそうです。

通信教育であれば、好きな時間に取り組めるので、現地の学校に通いながらでも無理なく勉強できます。

ここではそれぞれについて簡単な情報をまとめてみました。

 

なんと現在100カ国以上で約15,000人の方が受講しているそうです。

公式サイトの対応している主要な国リストにベトナムの表記はありませんが、もちろんベトナムでも受講できます。

受講できるのは幼児向けの「こどもちゃれんじ」と「進研ゼミ」の小学・中学・高校講座。

海外での受講となると、不安になるのが配送についてだと思いますが、海外でもきちんと指定お届け日には教材が配達されるとのことです。

聞いた話では、返信が来るのは遅くなるものの、あの赤ペン先生の採点を受けることもできるそう。

返信に時間がかかるのが嫌であれば、インターネットを使って採点結果を見れるので便利です(多くの場合、提出は郵送のみ)。

海外での受講の場合、Benesseではなく、株式会社OCS、あるいは日販アイ・ビー・エス株式会社という販売会社と契約することになります。

これは各国への配送をスムーズにするために、海外輸送のプロであるこれらの2社とBenesseが提携しているためです。

申し込みやお問い合わせはBenesseの海外受講のページにあるお問い合わせページから可能です。

電話・FAX・郵送・Webで、Benesseや販売会社に直接問い合わせることができます。

 

Z会もBenesse同様、幼児~高校生まで、それぞれに対応したコースをベトナムで受講することができます。

Benesseとは違い、国際宅配便(EMS・DHLなど)ではなく普通航空郵便でのみの配送になります。

やりとりは郵送のみで、インターネット返却には対応していないようです。

日本に戻った時には、すぐに配送先変更の対応をしてくれます。

また、受講途中であっても、受講内容の変更や中止ができるので、日本に戻るとなった際の対応は心配せずに済みそうです。

申し込みは、Benesse同様、電話・FAX・郵送・Webから行うことができます。

クレジットカード決済またはWeb口座振替登録を希望する場合は、Webからのみの問い合わせになっているので、注意が必要です。

 

以上、ベトナムで受けられるBenesseとZ会の通信教育についてでした。

さらに詳しい情報は各企業のHPからご確認ください。
Benesse:http://www.benesse.co.jp/zemi/kaigai/
Z会:http://www.zkai.co.jp/home/kaigai/