2017年11月03日

ベトナムにあるインターナショナルスクール

 



現在、仕事目的でベトナムへ渡る日本人が増えています。その中には、お子さんがいらっしゃる家庭も多いでしょう。しかし、ベトナムと日本の教育システムは異なるので、心配される方も多いと思います。

ベトナムのインターナショナルスクールを選択する際に、注目すべき点は何なのか?下記の文章をお読みになってください。

インターナショナルスクールとは

インターナショナルスクールは、ベトナムに在住する外国籍の児童のための教育施設(幼稚園・小学校・中学校・高校)として設立、発展してきたと言われています。

1.教育プログラム

育児の性格によって、インターナショナルスクールは3つの種類に大別されます:イギリス・アメリカ・オーストリア基準プログラム;International Baccalaureate – IB ,A LevelまたはCambridge International Examinations(CIE)のプログラム;ベトナムー英語バイリンガル教育プログラム。

お子さんのご希望と興味によって適切なスクールを選択します。たとえば、Cambridge教育プロフラムはイギリスへの留学を志望する生徒に対して最適です。一方、アメリカへ留学する予定であれば、アメリカプロフラムを選択するべきです。


2.教師チーム

教育プログラムだけでなく、教師の質も大事な要素です。ネイティブの校長と教師チームは、高水準の教育に必要な最低条件です。全ての教師に大学卒業証明書、TKT
(Teaching Knowledge Test)証明書、教示の専門分野の証明書を持つことが義務付けられています。さらに、教師としての豊富な経験や、生徒の心理を理解できることも大切な基準です。


3.スクールクオリティの検察

現在、ベトナム教育とトレーニング部はインターナショナルスクールのクオリティを管理していません。スクールクオリティについての詳細は、米国西部地域私立学校大学協会(Western Association of Schools and Colleges)とインターナショナルスクールの評議会(Council of International Schools CIS)の公認結果をもとに判断してください。

米国西部地域私立学校大学協会=WASC(Western Association of Schools and Colleges)とは、アメリカに本部がある教育認定機関です。世界的な資格として有用され、WASC認定校で12年の課程を修了した18歳以上の者には、大学入学資格(高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者)が認められています。

ベトナムにおいて、WASC はBIS(British International School)、UNIS Hanoi、 SSIS(Saigon South International School)、American Academy、 AIS(Australian International School)等のスクールは公認されています。


4.インターナショナル証明書

インターナショナルスクールはA Level、International Baccalaureate –
IB等の国際的な価値がある証明書を供与できます。証明書があれば、世界中のほぼ全ての大学の入学試験に応募できます。特に、A
Levels点数が高い方は、オックスフォード大学, ケンブリッジ大学, アイビー・リーグのハーバード大学, イェール大学,
マサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学などの大学に入学できる可能性も高まります。

この記事を書いた人

お名前 :