GWにおすすめ!ポステ厳選ハノイ観光コース【ハノイ主要観光地巡り】

観光 観光 2019年04月29日


GWにおすすめ!ポステ厳選ハノイ観光コース【ハノイ主要観光地巡り】

2019年のゴールデンウィークは10連休ですね! ゴールデンウィーク期間中、家族や友人がハノイに来るという方もいるのではないでしょうか? ハノイに初めて来るという方はやはり定番の観光地を抑えたいですよね。しかしハノイはとても広く、一日で全ての観光地を回り切るのはとても困難です。
そこで今回は観光地が集中している、ホアンキエム区を中心に1日で巡ることが可能なポステ厳選コースを紹介します。

 

 

 

 10:00-11:30 文廟(孔子廟)ドンダー地区

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#文廟

@ shen7187がシェアした投稿 -

「文廟」は1070年に建立され、その後敷地内にベトナム初の大学「国子監」が置かれました。現在では学問にご利益のある場所として知られており、ベトナム人は入学試験や国家試験の前には「文廟」に来てお祈りをするのが恒例です。複数ある門をくぐると孔子や国子監建設時のリー・ニャン・トン(Ly Nhan Tong)皇帝の像が飾られています。数ある観光名所の中でも学問に関するスポットはここだけ。およそ1000年前のベトナムの歴史を「文廟」で感じてみませんか?

 

詳細情報

  • 住所:Ho Giam, Van Mieu, Dong Da, Ha Noi
  • 営業時間:8:00〜18:00(内部見学可能)
  • 入場料:1万ドン(約50円)、パンフレット別途 3000ドン(約15円)

 

〜タクシー移動(約10分)〜

 

 

11:40-12:10 ハノイ大教会(聖ジョセフ大聖堂)で写真撮影 ホアンキエム区

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@mi_kan624がシェアした投稿 -

「ハノイ大教会(聖ジョセフ大聖堂)」は2つの塔を持ったゴシック様式の教会です。およそ120年前に建築されたハノイ大教会は、現在も教会として使われており、朝と夕方の時間帯にはミサが開かれています。また教会の内部を見学することができます。ステンドグラスやキリスト教式の彫刻や絵画などがあり、荘厳な雰囲気を体験するチャンスです。敷地内には神学校も併設されており、現在も使用されています。フランス統治時代の影響を受けた西洋色の強いベトナムを感じることが出来ます。

 

詳細情報

 

〜徒歩移動(約10分)〜

 

 

12:10-13:00 ダックキム(Dac Kim)でランチ

 

ホアンキエム区にある「ダックキム(Dac Kim)」はローカルなベトナム料理が楽しめるお店です。ハノイではフォーよりもブンチャーの方が人気が高く、ダックキムのブンチャーはヘルシーでボリュームたっぷりと口コミでハノイの名物ブンチャー店として評判が高いです。ハノイに来たのなら是非一度トライしてみる価値有りです。ブンチャー6万ドン(約300円)で楽しむことが出来ます。

詳細情報


〜徒歩移動(約15分)〜

 

 

13:15-14:45 オペラハウス

 

「オペラハウス」ではコンサート、バレエ、伝統芸能など多くのパフォーマンスが上映されている劇場です。フランスの植民地時代に10年の歳月を費やして完成されました。館内には劇場のほか、メインホールや鏡の間などがあります。鏡の間では贅沢な装飾が施された西洋風の部屋をみることができます。そして部屋前方の大鏡には大きなヒビが入っていることで知られています。これは1946年に勃発した第一次インドシナ戦争時の銃弾跡であり、独立戦争の歴史の一端を感じることができます。劇場でのパフォーマンスと戦争の歴史を体験出来るハノイでも珍しいスポットです。

 

詳細情報

  (※公演チケットを持っている場合のみ、開演30分前から入場可)

  • 入場料:公演チケット料金により変動

 

〜徒歩移動(約15分)〜

 

 

15:00-15:45 ホアンキエム湖で散歩しながら北方面へ移動

 

「ホアンキエム(Hoan Kiem)」湖はハノイの中心地にある湖です。ホアンキエム湖の中心にある小島には「亀の塔」と呼ばれる塔が建っています。その昔、金の大亀が生息していたという神話からその名が名付けられました。1968年にはホアンキエム湖で体重250kgほどの巨大な亀が発見されており、実際に巨大な亀が住んでいることが明らかとなりました。現在、ホアンキエム湖はハノイ随一の観光地として知られています。ホアンキエム湖の観光は散策がおすすめです。亀の塔や李太祖像、神社など様々な建造物を見ることが出来ます。また、湖周辺はいつもたくさんのベトナム人で賑わっています。朝は太極拳や体操、夜はデートをしている人を多く見かけます。週末の夜には出店やイベントが催され、さらなる賑わいを見せています。「ハノイでどこに行けばいいのかわからない......」と迷っている人もホアンキエム(Hoan Kiem)湖に行けば楽しめること間違いなし!

 

詳細情報

 

 

 

15:45-16:30 タンミー(TAN MY)で買い物

 


老舗お土産店「タンミー(TAN MY)」は多くの観光客が訪れるホアンキエム地区のハンチョン通りに位置しています。「TAN MY」では主に刺繍の入った手作りの巾着袋やポーチ、ハンカチなどを販売しています。商品は100%コットンで丁寧に作られており、非常に質が高いです。また、丈夫な作りになっているので洗濯機で何度洗っても色落ちすることもありません。一番の人気商品である巾着袋は大小様々な種類が$3~$10で販売しているのでお手頃価格で購入できます。

 

詳細情報

 

〜徒歩移動(約5分)〜

 

 

16:30-17:30 旧市街地で買い物

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハノイ満喫中~ #ホアンキエム#物価安い#蒸し暑い

Setsuko Nakaneさん(@risetsu_n)がシェアした投稿 -

「旧市街(Old Quarter)」とはハノイのホアンキエム(Hoan Kiem)湖の北部からドンスアン(Dong Xuan)市場付近のハンコアイ(Hang Khoai)通りまであたりの地域のことをさします。外国人観光客が多い地域ということもあり、レストランやマッサージ店などでは英語表記のメニューが用意されていることがほとんどです。旧市街の目玉は毎週金曜日〜日曜日に開催されるナイトマーケットです!! 焼き鳥やバインミーなどが食べられる屋台だけでなく、ベトナム雑貨や衣類などを販売しているお店が立ち並びます。ナイトマーケットで販売されている商品の値段は大半が交渉で決められるため、屋台の人との値切り交渉を楽しむのも旅の楽しみのひとつではないでしょうか?

 

詳細情報

 

〜タクシー移動(約15分)〜

 

 

17:45-18:45 「ダ・パウロ(Da Paolo Westlake)」​で夕食 タイホー地区

 

タイ湖のピッツェリアレストラン「ダ・パウロ(Da Paolo Westlake)」は、クアンカン通り32番地に位置しています。タイ湖沿いの道の上、スアンジエウ通りからクアンアン通りに入り、T 字路で左に曲がります。すると、角を曲がってすぐのところが「ダ・パウロ」です。ハノイ1の景色に面しているこのロケー ションは、美しく魅力的で、大変ロマンチックです。「ダ・パウロ」ではシシリア風ピザが18万5000ドン(約925円)で楽しむことが出来ます!

 

詳細情報

 

 

まとめ

 

今回はハノイの定番観光地を紹介しました。ハノイは広く、その魅力を一日で巡るには時間が足りません。ぜひ、GWの期間中にハノイを訪れる際は参考にしてみてください!

 

※この記事に記載されている情報は2019年4月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>