ハノイでアイスを食べるならココ!|地区別に紹介

グルメ グルメ 2019年06月02日


ハノイでアイスを食べるならココ!|地区別に紹介

ハノイでおすすめのアイスのお店を知っていますか??

知っての通りベトナムの夏は暑い日が続くため、冷たくて美味しいアイスがどうしても食べたくなります。

そこで今回はハノイでアイスが美味しいお店を地区別に紹介していきます。

 

 

タイホー区

 

ジェラートイタリア(Gelato Italia) 

ガレットイタリア、ハノイ、アイス

「ジェラートイタリア(Gelato Italia)」はベトナムの素材とイタリアの製法を組み合わせたジェラート店。

地元の素材とジェラートの本場であるイタリアから輸入した素材を合わせて作られたジェラートは濃厚で甘くて美味しいと大人気です。

シングルカップ4万ドル(約200円)〜ジェラートを楽しむことができます。

またジェラートだけでなく、カプチーノやアメリカーノなどの飲み物も揃っておりカフェの利用も可能です。

本場イタリアのジェラートを堪能したいときにおすすめです。

 

詳細情報​

 

ケムチャンティエン(Kem Trang Tien) 

「ケムチャンティエン(Kem Trang Tien)」は創業1958年の老舗ローカルアイス屋です。地元の人からも人気が高く、口コミで人気を集めています。

「Com」というお米からできたアイスはバニラの深みとお米の甘さが合わさった味で格別だと観光客からも大人気。

アイスのタイプはカップ、コーン、棒アイス、大福アイスの4種類から自分の好みにあった食べ方を選ぶことが出来ます。値段は8000ドン(約40円)と破格の安さ。

 

詳細情報

 

クアンケムホータイ(Quan Kem Ho Tay)

「クアンケムホータイ(Quan Kem Ho Tay)」はタイホー区のチャンオック寺の前にあるアイスクリーム店です。

1つ7000ドン(約35円)という安さでアイスが買えるため、チャンオック寺を訪れた後に立ち寄るのがベトナム人の定番コースのようです。

種類はアイスキャンディーやソフトクリームがあります。

タイ湖とチュンバック湖に面しているため、アイスと一緒に湖の景色も楽しむことが出来ます。

観光の際はぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

詳細情報

 

 

ホアンキエム区

 

ファニー(Fanny)

「ファニー(Fanny)」はフランス人が1994年に創業したアイスクリーム店の1つです。

バニラやチョコレート、ストロベリーなど定番フレーバーだけではなく、ココナッツやマンゴー、パッションフルーツなどベトナムならではの南国フルーツのフレーバーも揃っています。アイスは100%自然素材から作られているんだとか。

ベトナムのシクロをモチーフにしたアイスなどユニークでインスタ映えするメニューもたくさん。

値段は1人用のメニューが10万ドン(約500円)です。皆でシェアして楽しめるアイス鍋もあるので、大人数での利用もおすすめ。

値段は30万ドン(約1500円)程度で「ファニー」のアイスを一度に沢山味わうことができ、大人数でシェアできると人気です。 

 

詳細情報

 

ラモーアアイスクリーム&コーヒー(L'amore Ice Cream & Coffee)

「ラモーアアイスクリーム&コーヒー(L'amore Ice Cream & Coffee)」はベトナム観光を紹介するテレビ番組で取り上げられたこともある有名なアイスクリーム店です。

店内は落ち着いた雰囲気で、スタッフの対応も評判も高く海外から訪れる人も多いです。

ヨーグルトのコーヒーも人気があるため、訪れた際にはアイスと一緒に楽しんでみてはいかがですか?

アイスの値段は2万5000ドン(約125円)です。

 

詳細情報


Goofoo gelato(ゴーフージェラート)

「Goofoo gelato(ゴーフージェラート)」は最高品質のイタリア産牛乳とベトナム産フルーツを使用し、ニュージーランドの製法で作られたアイスクリームを販売するお店です。

保存料や着色料を一切使用していないココナッツクリームは評判が良く、甘すぎず濃厚な香りがするため大人気です。

またバラの形をしたアイスもあり、見た目が美しいので食べるのを躊躇してしまうほど。溶ける前に美味しくいただきましょう。

 

詳細情報

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>