膝関節置換手術は受けるべきか|筋膜治療の楽々センター(60分66万ドン〜)

膝関節置換手術は受けるべきか|筋膜治療の楽々センター(60分66万ドン〜)
膝関節置換手術は受けるべきか|筋膜治療の楽々センター(60分66万ドン〜)

現代の科学技術の発展により、体の一部を交換したり修復したりする手術は珍しいことではなくなりました。

 

膝関節もその一例です。重度の変性や関節炎により、多くの人が膝関節置換術を検討しています。手術を検討する前に、何を考慮すべきでしょうか?

 

ハノイで筋膜を調整することで、痛みなどを和らげる治療を行う「楽々センター」から膝関節置換術についてお伝えします。

 

「楽々センター」へのお問い合わせは公式WEBお電話で受け付けています。

膝関節置換術は何を考慮すれば良い?

①一般的な健康状態

膝関節置換術は大掛かりな手術に分類されます。そのため、患者の全体的な健康状態が重要です。年齢、高血圧、糖尿病、感染症などの基礎疾患がある場合、手術の可否を慎重に評価する必要があります。

②膝関節の機能障害の程度

膝の変性が進行すると、柔軟性や機能が低下し、歩行や階段の昇降、着替えなど日常生活に支障をきたすことがあります。これらの活動が困難になる場合、手術の選択肢を考えることがあります。

③保存療法と維持療法の試み

保存的治療やリハビリテーションを行っても症状の改善が見られない場合は、手術を検討することが適切です。しかし、手術を検討する前に、理学療法やリハビリテーションなどの維持療法を試すことが推奨されます。これらは体調を改善し、維持する手段として有効です。

④活動と生活の質に対する影響

痛みが長期間にわたって続き、生活の質が大幅に低下している場合、または仕事や日常活動に集中できない、生活を楽しめないといった状況が続いている場合は、関節置換手術を受ける決断が必要かもしれません。病状の各段階に応じた適切なアドバイスや相談を受けることが大切です。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は、発生する脊椎の位置(頚椎または腰椎)によって異なります。頚椎椎間板ヘルニアは首の痛み、肩や腕への放散痛、しびれを引き起こすことがあります。腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛、足への放散痛、しびれ、運動障害などを引き起こすことがあります。

膝の痛みが気になったら楽々センターへ

ハノイのドイカン通りにある「楽々センター」では、理学療法を基礎から学んだ専門家が、1人1人の症状に合わせた治療で筋膜を整えて痛みの根本解決を図ります。

症状の軽い方(60分)

66万ドン

2箇所以上の症状がある方(90分)

98万ドン

強い症状が2箇所以上ある方(120分)

130万ドン

 

また、一度治療を受けた施術後に痛みの再発を防ぐための専門的な生活指導も行なっています。

 

日本語対応可能なスタッフが常駐しているため、詳しい症状なども日本語でやり取りすることが可能です。

 

▶︎膝関節の痛みのご相談は楽々センターまで。ご予約は公式WEBお電話から

ご予約・お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは公式WEBまたはお電話にて受け付けています。混雑する時間帯もあるため、お早めのご予約をおすすめします!

 

▶︎ご予約はWEB・お電話から

詳細情報



ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板