冬の腰痛は楽々センターにご相談ください|筋膜治療60分66万ドン〜

冬の腰痛は楽々センターにご相談ください|筋膜治療60分66万ドン〜
冬の腰痛は楽々センターにご相談ください|筋膜治療60分66万ドン〜

寒い季節に腰痛が起こる原因は何でしょうか? 天気が悪くなるといつも腰が痛くなり、体全体が痛いと嘆く人は少なくありません。

 

天候の変化、特に寒さは体内の血流や筋肉の状態に影響を与える可能性があります。寒い環境では、体は血管を収縮させて体温を保とうとするため、筋肉や関節への血流が減少し、痛みやこわばりを引き起こすことがあるそうです。

 

他にも筋肉の緊張、関節や背骨の周囲の靭帯、関節液の粘度なども寒さによって影響を受け、腰痛につながります。

 

「楽々センター」では筋膜を調整することで、寒さによる腰痛を和らげる治療を行なっています。料金は66万ドン(60分)〜です。

 

▶︎ご予約はWEB・お電話から

寒さと腰痛。知っておくべき病気

天候の変化による背中の痛みは、自然に現れるものではありませんが、骨、関節、脊椎の病気を患っていることを意味している可能性があります。寒い季節に腰痛を引き起こす可能性がある、知っておくべき8つの病気を紹介します。

①脊椎変性症

脊椎変性症は高齢者によく見られる病気です。通常、高齢者は一年中腰痛に悩まされていますが、気候が変わると寒い季節に腰痛が悪化することがよくあります。

②脊椎棘

脊椎棘がある場合、これが神経を圧迫することで痛みやしびれを引き起こすことがあります。坐骨神経の圧迫は主に椎間板ヘルニアや脊椎すべり症など他の状態によって引き起こされることが多いです。

③椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの既往歴のある人は寒くなると腰痛が再発することがよくあります。重い物を持ち上げたり、体をひねったりするときに突然現れる腰の端の重度の腰痛は、寒い季節に再発する兆候です。

④脊椎すべり症

気候が寒くなると、脊椎すべり症のある人の背中の痛みはより激しいレベルで再発します。脊椎すべり症は上部椎骨が下部椎骨の位置から逸脱し、神経根、軟組織、靭帯に痛みや圧迫を引き起こす状態です。

⑤骨粗鬆症

多くの人にとって、天候が変わると腰の痛みの原因となるのは骨粗鬆症です。この病気は高齢者、閉経期および閉経前の女性によく見られます。

⑥変形性関節症

変形性関節症は高齢者によく見られる病気で、これも関節軟骨の老化過程に起因します。寒いと筋肉の腱が収縮し、関節が動きにくくなります。

⑦関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫疾患であり、関節の炎症、腫れ、痛みを引き起こします。これは女性に多い病気ですが、男性も発症する可能性があります。

⑧強皮症

強皮症は全身性の結合組織病であり、皮膚の硬化が特徴です。レイノー症候群は強皮症の一症状であり、寒さやストレスによって手足の血管が狭窄することがあります。

筋膜治療のご料金

ハノイのドイカン通りにある「楽々センター」では、理学療法を基礎から学んだ専門家が、1人1人の症状に合わせた治療で筋膜を整えて痛みを根本解決します。

症状の軽い方(60分)

66万ドン

2箇所以上の症状がある方(90分)

98万ドン

強い症状が2箇所以上ある方(120分)

130万ドン

 

また、一度治療を受けた施術後に痛みの再発を防ぐための専門的な生活指導も行なっています。

日本語が話せるスタッフも常駐しているため、詳しい症状なども日本語でやりとりすることができます。

予約・問い合わせ

ご予約やお問い合わせは公式WEBまたはお電話にて受け付けています。混雑する時間帯もあるため、お早めのご予約をおすすめします!

 

▶︎ご予約はWEB・お電話から

詳細情報



ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板