Updated 2017年03月06日

天皇皇后両陛下がベトナムの古都を訪問

3月3日、天皇皇后両陛下は古都フエに到着した。フエの遺跡を訪問し、Duyet Thi Duong劇場で王室音楽を聴いた。
1802年から1945年にベトナムに存在し、阮朝の首都に定められていたフエ市は1993年に国際連合教育科学文化機関 (UNESCO)によって世界遺産に登録された。
阮朝の宮殿や墓は、総額約4460万ドルの支援を日本政府から受け、修復された。
また、2013年にフエ宮廷音楽はUNESCOによって“人類の口承及び無形遺産“の傑作として認められており、これは8世紀に日本で上演された。


上演後、天皇皇后両陛下はアーティストと話し、午後に20世紀のドン・ドゥー運動の愛国者であったファン・ボイ・チャウに捧げられた記念館を訪れた。ドン・ドゥー運動は日本に留学し、国家を救助する方法を捜す若いベトナム人を奨励したという。その運動はベトナムと日本の強いつながりの一例だった。
また、両陛下はフエの国際協力機構(JICA)のボランティアや日本人コミュニティともお会いになった。

Source: tuoitrenews.vn