ガイド

「ザ・デック(The deck)」はホーチミンの中心部から15分程離れたサイゴン川沿いに位置するアジアン料理レストランです。ロマンチックかつフレンドリーな雰囲気のなか美味しい料理を楽しむことができます。
ホーチミン1区、ビテクスコ・ファイナンシャルタワー近くのビルの2階に佇むタパスバー。ヨーロッパのような活気がありながらも、落ち着いたインテリアが大人のバルといった雰囲気を醸し出しています。フードはタパスメニューが中心。人気店のため予約必須。
「ルージン(L’Usine)」はホーチミンに複数店舗を構えるカフェレストラン兼セレクトショップです。店内はまるでヨーロッパにいるかのように感じる素敵な空間が広がっています。お店の名前になっている「L’Usine」はフランス語で「工場」という意味です。シェフこだわりの熟成ラム肩肉のお料理や和牛ステーキなどお肉料理をはじめ、バラエティー豊富なメニューが揃っています。また、ワインも豊富にあり、赤ワインや白ワインをはじめ、スパークリングワインも楽しむことができます。
「ルブ(Lubu)」はホーチミン2区のタオディエン(Thao Dien)地区にある西洋料理・地中海料理レストランです。料理の種類がとても豊富で、スペイン、イタリア、ギリシャ、フランスなど様々な国の伝統料理を楽しむことができます。シェアできるメニューが多いのでグループでの来店にもぴったり。料理の量やお子様用のメニューなど、要望にもフレキシブルに対応してもらうことができます。
タイホーの閑静な住宅街に佇むエジプト料理店「アルスルタン(ALSULTAN)」。店内は落ち着いた空間で家族や友人と一緒に食事をするのにぴったりです。 料理は1品あたりの値段は4万ドン(約200円)〜10万ドン(約500円)とリーズナブル。チキンやサラダ、ライスなどがセットになったメニューも19万ドン前後(約950円)とリーズナブルなため、カジュアルにご友人との食事に最適です。
肴やは、ホーチミン第二の日本人街・フォンビッチャンに構える老舗日本料理・和食店。 コンセプトは「安くてうまい」お店。 毎日でも通えるようなお店にしたいという店主、堀山さんの想いが込められています。店名にもなっている酒の肴(あて)に最高の逸品料理やお魚料理。 肴やの代名詞にもなっている長崎ちゃんぽんは、13万ドン(約650円)というリーズナブルな価格でありながら、たまらなく旨い味わい。 仕事の合間の昼飯、仕事終わりの1杯、友達との飲み会、ゴルフ後の宴会。 そんなシーンにおすすめです。
タオディエンエリアにあるメキシカン料理レストラン「ディストリクトフェデラル(District Federal)」。店内にはカラフルでポップな絵が描かれており、陽気な空気感。連日多くの人で賑わっています。「District Federal」では、トルティーヤを手作りしているのもポイント。 他のお店では味わえない素朴なタコスを堪能できます。タコスは16万ドン(約800円)、ブリトーは21万5000ドン(約1075円)です。
「Shri Restaurant & Lounge」は夜景がきれいなルーフトップレストランとして有名です。特にテラス席から一望できるホーチミンの夜景はとてもきれいです。料理は様々な種類の洋食が揃っています。特に本場スペインのパエリアは味が好評でおすすめ。また、バーコーナーもあり、お酒も楽しむことができます。ロマンティックな雰囲気であるため、デートにもおすすめです。
「The Monkey Gallery」は、ベトナム料理を軸に据え、日本、中国、フランスなどの要素を加えたフュージョン料理が楽しめるレストラン。3階建のレストランの1階はデザートバーになっており、こちらも人気を集めています。コース料理には「マジックチケット」と呼ばれるカードが入っており、ストーリー性のある料理を楽しむことができる新感覚のレストランです。シックな店内で独創的なコースメニューを楽しむことができます。
ホーチミンに複数店舗展開する「パスターブルーイング」のレタントン店。アメリカで長年の経験を積んだ熟練の職人たちが作る最高のクラフトビールを提供しています。パスターブルーイングのタップルームで、ベトナムの素材を使用した極上の一杯を。



ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板