ガイド

ホーチミン1区、ビテクスコ・ファイナンシャルタワー近くのビルの2階に佇むタパスバー。ヨーロッパのような活気がありながらも、落ち着いたインテリアが大人のバルといった雰囲気を醸し出しています。フードはタパスメニューが中心。人気店のため予約必須。
「Bar Classic(バークラシック)」はバーディン地区にある、落ち着いた佇まいのバー。ハノイのバーでは珍しく「料理だけを食べに来るのも大歓迎!」なのでお酒が苦手な方でも安心◎実は「Bar飯」を目当てに通う日本人常連客も多く、メニューも充実しています!
ホーチミンに展開するローカルシーフードレストラン「ラン・ビエン・レストラン(Ran Bien Restaurant)」。様々なカニやエビ、貝料理などのシーフードに、野菜炒めやチャーハンなどのご飯ものもあります。リーズナブルにシーフードをお腹いっぱい食べたい時におすすめです。
ホーチミン1区の閑静な街にある西洋料理レストラン「ザ・ハヴン(THE HAVEN)」。建物は2階建てとなっており、1階はバーカウンター、2階はテーブル席であるため、一人でも複数人でも楽しむことができます。グリル料理やパスタをはじめとするボリューム満点で美味しい料理を味わえます。 また、ハーブがほんのり香るニュージーランド産のラム肉が使用されたサラダなど、ベトナムではあまり味わえない料理を堪能できるのも嬉しいところです。
タイホー地区に店舗を構えるイタリアンレストラン「ラ フォレンティーナ(La Fiorentina)」。「ラ フォレンティーナ」では25年の経歴を持つイタリア人シェフがイタリアから輸入したこだわりの食材を用いて料理を提供してくれます。 おすすめのピザはイタリアから取り寄せた小麦で作られた、外に設置された薪窯で焼き上げられる本場イタリアの味を堪能することができます。 ランチタイムにはセットメニューを実施しており、セットは22万ドン(約1100円)〜とリーズナブル。 おしゃれな店内で、素敵なランチタイムを過ごすことができます。
「ライスフィールド(Rice Field)」はホーチミン1区にあるベトナム料理レストランです。お店の名前の通り、店内には田んぼをイメージした風景画や飾り物が並んでおり、のどかな雰囲気を感じることができます。ベトナム料理のバラエティが豊富で、おいしさにも定評があることから、訪越した日本人との食事や接待などのビジネスシーンに最適です。価格は1品10万ドン(約500円)前後のものが多いです。
「Gringo Tacos y Cantina」はホーチミン1区にあるメキシコ料理店です。メキシコ料理が大好きなアメリカ人がオーナーのお店で、すべて手作りの本格タコスやメキシカンオムライスがおすすめ。クラフトビールのラインナップも豊富で、メキシコ料理とよく合います。お店はカラフルでお店にいるだけでなんだか楽しくなります。インスタ映えも間違いなしです!
料理に熱い女性シェフが腕を振るうベトナム料理店「ルックラック(Luk Lak)」5つ星のホテルで25年間修行の経験をもつ女性シェフ、マダム・ビン。現地まで足を運び、食材を作っている人達の仕事ぶりを見にくほどこだわりが強いシェフだそう。そんな彼女の料理は、こだわりをきかせたメニューばかり。高級なベトナム料理を味わいたい方におすすめです♪


あなたにおすすめの記事
もっと見る

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板