ガイド

ホーチミン1区、ビテクスコ・ファイナンシャルタワー近くのビルの2階に佇むタパスバー。ヨーロッパのような活気がありながらも、落ち着いたインテリアが大人のバルといった雰囲気を醸し出しています。フードはタパスメニューが中心。人気店のため予約必須。
「フレンチグリル(French Grill)」は5つ星ホテル「JWマリオットホテル」の中にある高級フレンチレストランです。5つ星ホテルのレストランだけあって料理はもちろん、お店の雰囲気や接客など細かいところまでサービスが行き届いています。店内にはハノイ最大のオープンキッチンが完備されており、一流のシェフが伝統的なフレンチ料理やグリルメニューを提供しています。セットメニューは前菜、メイン、スープなどがついて合計で160万ドン(約8000円)とやはり高級ですが、料理の味やその他のサービスを考えると満足できる価格です。
ホーチミン2区にお店を構える家庭的なフレンチレストラン「ラ・プランチャ(La Plancha)」。店名にもなっているラ・プランチャとは、スペイン発祥の南フランスで家庭料理の定番となった鉄板焼きのこと。店内ではそんなフランス家庭料理を味わうことができます♪ぜひオーナー自ら厳選したワインと美味しいフランスの家庭料理をお楽しみください。
リーズナブルな値段でフレンチが味わえるレストラン「ラ・バディアン(La Badiane)」。ランチセットは2コースあります。スターター+メインディッシュの34万ドンのコースと、34万ドンコースにデザートが付いた38万5000ドンのコースがあります! メインディッシュは肉や魚、サラダ、パスタなど幅広い種類から選べるのでその日の気分にあわせた注文ができるのが嬉しいポイントです! レストランは白い建物と緑の内装であり、なんともおしゃれな雰囲気の中でランチを楽しめます!
日本にある洋食屋さんのような昭和レトロ感が漂うレストラン「ボンジュールレスト(Bonjour Resto)」。牛ステーキを一人前11万9000ドン(約600円)とリーズナブルに味わえると評判です。ソースがバーベキューやマッシュルーム、ガーリック、ブルーチーズなど様々な味から選ぶことができます。
「ココット(Cocotte)」は、ホーチミンに3店舗構えるフランス家庭料理レストランです。Ben Thanh店は、ベンタイン市場の近くにあり、激安のネイル横丁を通った路地にあります。ウッド調で木の温かみを感じる優しい雰囲気が店内に溢れており、まさに家庭料理をいただくのにピッタリです◎
「ラ・クレプリー(La Creperie)」は店名の通り、フランスの郷土料理であるガレットやクレープが有名です。特にガレットの種類が豊富で甘いフレーバーやおかずフレーバーなど様々なメニューが揃っているので、友人といくつか頼んでシェアして食べるのがオススメ◎アラカルトもリーズナブルなのも嬉しいポイントです!
「ラバディアンレストラン(La Badiane restaurant)」はハノイ駅近くにある隠れ家的なオシャレなフレンチレストランです。店内の雰囲気や料理の味など日本人からも評判がよく、多くの日本人が訪れています。店内は高級感のある内装となっており、ビジネスシーンやカジュアルな場面でも気軽に立ち寄ることができます。メニューはコース料理があり、価格は約30万ドン(約1500円)~40万ドン(約2000円)ほどで、日本のフレンチレストランと比べるとリーズナブルでランチやディナーなどに気軽に行くことができます。
「メゾンヴィエ(Maison Vie)」は、オペラハウスから徒歩10分ほどの距離にあるフレンチヴィラのレストラン。シャンデリアが輝くゴージャスな空間で、一流のシェフによるフレンチを楽しむことができます。オススメは、ベトナム産バッファローのフィレ肉とブラックペッパーソースなのだとか。メインはもちろん、自家製パンやスイーツも美しく、美味しいと評判です。
「オウ デリス(Au Delice)」はホム市場のすぐ近くにあるリーズナブルなフレンチ料理レストランです。店内は2階建てで2人~4人掛けのテーブルが並べられています。1階にはハムやチーズを販売しているコーナーもあり、レストランで食事をした後、気軽に購入することができます。 メニューにはコース料理が用意されており、前菜、メイン、デザートが1つずつ自由に選べて45万ドン(約2250円)と日本のフレンチ料理と比較するとお手頃価格でフレンチ料理を味わうことができます。その他にもスパゲッティボロネーゼが16万9000ドン(約845円)、チーズサラダが15万8000ドン(約790円)、クリームブリュレが7万8000ドン(約390円)と様々なメニューがあります。



ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板