ガイド

ホーチミン・レロイ通りに佇むカジュアルイタリアン。ナポリピッツァ世界選手権で優勝も果たした日本人ピッツァ職人が統括するレストランです。ピザは中がもっちりとした食感で、小麦の風味が際立ちます。カジュアルなお食事におすすめ。
ペンドラスコはホーチミンのタオディエンにあるイタリアンレストラン。イタリア人シェフによるイタリア料理を楽しむことができます。おすすめは世界一のピザ職人が作るピザ。邸宅のような非日常空間で、素敵な時間を。
様々な料理が食べたくてどれがいいか定まらない時におすすめの「ジャスパスレストラン(Jaspas restaurant)」。 ピザやパスタ、ステーキなどのイタリアンやベトナム料理などメニューの幅は様々。ひと品ずつに各国特有の味付けが施されており、味も満足なレストランです。
タオディエンにあるイタリアン「365デグリーズナポリピザ(365Degrees Pizzeria)」。ピザやパスタ、リゾットなど様々なメニューがあります。特にビーフトリュフリゾットやマルゲリータで、贅沢感があり、満足の美味しさだそう。
ベトナムで絶大的な人気を誇るイタリアン「ピザフォーピース(Pizza4P’s)」。日本人経営のお店で、日本人からは勿論、ベトナム人からの人気も熱くお店はいつも満席状態。人気の理由はクオリティの高いメニューの数々。ブラッタチーズを使用したメニューは「ピザフォーピース」の看板メニューといっても過言ではないでしょう。
ハイバーチュン通りに佇む「カルパッチョ(Carpaccio)」。定番のパスタやピザのイタリアンメニューはもちろん、デザートも豊富で食事を最後まで楽しむことができます。ワインメニューも赤・白ともに豊富なので、お酒を楽しみたい方にもおすすめです。
日本にある洋食屋さんのような昭和レトロ感が漂うレストラン「ボンジュールレスト(Bonjour Resto)」。牛ステーキを一人前11万9000ドン(約600円)とリーズナブルに味わえると評判です。ソースがバーベキューやマッシュルーム、ガーリック、ブルーチーズなど様々な味から選ぶことができます。
7区にあるフランススタイルのピザが味わえる「ピザオリジノ(Pizza Origino)」。生地から全て手作りで柔らかい食感が特徴です。特に人気なのが「ビーフロックフォール(Beef Roquefort)」。ブルーチーズが使用されており、独特な旨味があり、こだわり抜かれたひと品となっています。
「Gelato Italia(ジェラート・イタリア)」は、イタリアの製法とベトナムの素材を融合させたジェラート店です。地元の素材と、ジェラートの本場イタリアから輸入した素材を使って作られるジェラートは、ジェラート・イタリアならでは。加工品は一切使用せず、新鮮な素材のみを使用して製造されているため、健康的です。また、ドリンクメニューやデザートもあり、カフェとしても利用可能です。



ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板