Updated 2017年03月14日

世界成長率第3位のコーヒー市場におけるベトナム

ベトナムは現在、世界で最も急速に成長しているコーヒー市場のトップ3に入ったという。

Mintel市場調査会社の報告によると、5つの急成長コーヒー市場のうち3つが現在アジアにあるインドネシア、インド、ベトナムである。具体的には、インドネシアは過去5年間で年平均成長率(CAGR)19.6%を上回っている。 インドとベトナムについては、それぞれ15.1%と14.9%である。
また、世界中のコーヒー愛好者に人気のある製品の種類も明らかとなっている。アジア・太平洋諸国では、新コーヒーのうち29%がすぐに飲める冷たいコーヒー製品だ。この数字はヨーロッパでわずか10%である。
関連ニュースでは、同国のトップコーヒーメーカーであるベトナム全国コーヒー社(Vietnam National Coffee Corp.)は、政府が同社の関与を減らすためのイニシアチブを発表した後、来年IPOに取り組むと伝えられている。 
ベトナムは、インスタントコーヒーの主要成分であるロブスタコーヒー豆の世界的なトップ輸出国である。 同国の年間輸出額は、通常、25億米ドルから30億米ドルに及ぶ。

 

Saigoneer.com