KilalaとfreeCが提携、質の高い日本語人材プラットフォームを構築へ

社会 社会 2018年12月27日


KilalaとfreeCが提携、質の高い日本語人材プラットフォームを構築へ

日本語を使った仕事や日系企業での仕事をスピーディに求職者に届けるKilala Job powered by freeC(http://www.kilala.vn/nghe-nghiep.html)を開始!Kilalaの持つ良質なコンテンツ・ユーザーへの配信力と freeCの持つリアルタイム性・ユーザービリティを合わせて日本で働くことや日系企業で働くことを希望する社会人や学生に価値を提供していく。

 

 

これまでKilalaは日本の文化や旅行など幅広いコンテンツを配信してきたが、仕事に関する情報などはまだ手をつけておらず、freeCの持つカジュアルさやスピードがKilala読者層と同じ20代に受け入れられると考え、今回の提携に至った。

 

Kilala代表の笠戸氏は、「弊社が新規事業としてPRメディアのKilalaを立ち上げてから早くも5年が経った。お蔭さまで日本好きなベトナム人読者を中心に「いつもとても楽しみにしています」「毎号欠かさず購入しています」などの応援メッセージをたくさんいただくようになった。併せて日本語を習得し日系企業で働く人たちともたくさんの出会いがある。日本語を活用してベトナム社会に貢献している若者を見れば見るほど、もっとこの人たちのお役に立てないかと、Kilala-jobの構想は日々増していた。そんな中、FreeCの国本代表から今回のご提案をいただいた。まだまだお若い国本代表の若くエネルギッシュな熱意にデジタル世代に対応するには若い人同士での実行がベストな選択と確信し、今回のコラボをスタートさせていただいた。このツールがより一層ベトナムの方々と日系企業のお役に立つ事を願っている」と語った。

 

一方、freeC代表の国本氏は、「Kilalaさんは雑誌だけではなく、Feel JapanイベントやKilalaネット、ショップなど様々な情報発信やビジネスを手掛けられている。また一つ一つのコンテンツが質が高く、そういう意味でもfreeCが目指す仕事を含めた質の高いビジネス情報の提供というコンセプトと合致しており今回の提携をとても嬉しく思っている。freeCはこれからベトナムを支える25歳〜30歳の若手リーダー層に支持されており、また今後益々日系企業や日本で活躍する日本語を話せる若手リーダー層にとって無くてはならない存在になると共に、タレント採用において日系企業にとって今までにない新たな価値を作れる様、邁進する所存だ」と述べた。

 

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>