第2トゥーティエム橋、開通から1週間でマンホール44個窃盗

2022年05月09日(月)12時27分 公開
第2トゥーティエム橋、開通から1週間でマンホール44個窃盗

〈写真:VnExpress〉

 

ホーチミン市1区とトゥーティエム半島を結ぶ第2トゥーティエム橋のマンホール蓋110個のうち44個が開通から1週間足らずで窃盗にあった。

 

5日、橋の建設業者であるThien An Companyの代表は、バールを使用してマンホール蓋を盗んだ形跡が発見されたことを明らかにした。

 

同社によると、鋳鉄製のマンホール蓋は1つ120万ドン(約6850円)だったという。

 

同日、作業員が新しい蓋を取り付け始めた時には、既に多くのビニール袋やその他のゴミが下水道内に流れ込んでいる状態となっていた。

 

新しい蓋は窃盗防止のため、溶接されている。

 

4月28日に開通したこの橋は、サイゴン川の下を流れるサイゴン川トンネル道路の交通量低減に効果を発揮している。

 

同市交通局のファン・コン・バン副局長は2日、記者団に対し、同橋が開通してからの1週間で、同トンネルを利用する車の数は14%減少したと明らかにした。

 

同市では、繁華街とトゥーティエム地区を結ぶ橋を計4本建設する計画である。

 

4区と7区への第3・4トゥーティエム橋は、2030年までに建設される予定だ。

 

第1トゥーティエム橋は2008年に、サイゴン川トンネルは2011年に完成している。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板