ベトナム、魅力的な小売市場として急成長

政治・経済 政治・経済 2017年06月22日


ベトナム、魅力的な小売市場として急成長

HSBC銀行(香港上海銀行)は先日、ベトナムの長期的な経済成長の予測を発表した。それによると、輸出分野と小売分野が安定して成長を続けており、棚卸在庫の増加が将来の持続可能な成長を示しているという。

ベトナムは世界小売業投資指標(GRDI)で昨年の11位から6位に上昇した。今年の大幅な発展は、最近の投資障壁の緩和によるものだと考えられる。

ベトナムの小売業規模は比較的小さく、昨年の年間収益は約900億ドル程度であった。ベトナム経済は「低所得」という状況から脱したばかりで、可処分所得は高くない。しかしベトナムは小売分野で重要な市場として急速に成長しているのが注目できる。

この成長は総人口9200万人のうち半分が若年層であるためだ。平均年収(2016年に年間2200ドル)は中期で急増すると予測されている。ベトナムの消費者の平均所得の急増と規制緩和の組み合わせは、今発展段階にある小売業にとって魅力的な環境となるだろう。

最近、セブンイレブン1号店が開店したニュースは、ベトナム市場が魅力的であることを最も証明した例であった。2017年4月までに、コンビニエンスストア業界ではメインブランド10社で約1600店舗のコンビニが出展されている。

商品流通研究所(IGD)の研究によると、ベトナム、フィリピン、インドネシアはコンビニ出展に最適な場所である。特に、ベトナムは成長率37.4%で最も魅力がある市場と言えるだろう。

 

cafebiz.vn

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>