先週、ハノイにあるゲストハウスの多くが連日午後9時で満室状態になった。現在、ハノイは酷暑に見舞われ、暑さから逃れようとエアコンの効いた涼しいゲストハウスへの予約が相次いでいる。


<ハノイのゲストハウスの多くが満室状態だ>

 

現在、Hoang Mai区在住のDang Thi Hoaiさん夫婦はアパートを借りるために節約中だったという。近頃、Hoaiさんは暑さをしのぐため、エアコンを購入することを検討していた。しかし、エアコンなしで今回の暑さを乗り切ることができたらエアコン購入費をアパート代に充て、新しいアパートに引っ越すことも視野に入れているようだ。

 

Hoaiさん一家はHoaiさんと夫それぞれの職場にも子供が通う学校にもエアコンが設置されており、快適に過ごすことができるが、帰宅するとエアコンがなく、とても暑いという。

 

Hoaiさんは夜間の暑さから逃れるため、「昨夜8時以降、近所のゲストハウスに25万ドン(約1250円)で宿泊した」と話す。

 

チェックアウトの際には宿泊費のほか、予約時のデポジットとして10万ドン(約500円)も支払ったそうだ。Hoaiさんは、宿泊費は少々高額であるがそれでも数日間、夜も暑くて眠ることができないよりはいいという。

 

Dai Tu通りのゲストハウスの受付のTran Van Thaiさんは通常は全36室のうち半数の部屋が稼働すればいい方だという。しかし、先週は満室になり、全室が午後9時以降のチェックインであったそうだ。ゲストハウスはたいてい予約なしでも空室があれば常時利用可能だが、今回は予約が多く入ったそうだ。先週の利用者の大半が家族連れで、夜間に自宅が暑くて眠れない一家がゲストハウスを利用したという。

 

Thaiさんは「自宅にエアコンがない家庭、エアコンがあっても壊れて修理ができない家庭がゲストハウスを利用する傾向にある」と話している。

 

Dinh Cong通りのゲストハウスのオーナーであるDuong Van Ngaさんは4日には全20室が午後8時以降のチェックインだったという。また、翌日正午までには新たに全室の3分の2に予約が入ったそうだ。同ゲストハウスのシングルルームの利用料金は一晩13万ドン(約650円)、ダブルルームの利用料金は1部屋18万ドン(約900円)に設定されている。それ以上の人数で利用する場合の部屋は1部屋25万ドン(約1250円)だという。Ngaさんは節約のため、シングルルームは2人で、ツインルームは3人で利用する顧客が多いと話している。

 

現在、Dinh Cong通り、Truong Dinh通り、Lang通り沿いにあるゲストハウスも満室状態だ。

 

出典:Dtriニュース

関連記事