ハノイガイド

「プレス クラブ ハノイ(Press Club Hanoi)」はハノイの観光名所であるオペラハウスから徒歩3分ほどの場所にある老舗フランス料理店です。1997年に創業のレストランはフランス人が作る本場の本格的な味が魅力的です。 店内はアジアとヨーロッパを融合させたイメージにデザインされており、落ち着いた雰囲気です。約50万ドン(約2500円)で前菜、メイン、デザートを注文することができます。また、フランス料理だけでなくフュージョン料理やベトナム料理も注文することができ、幅広くメニューを取扱っています。
1890年代に建築された伝統的な雰囲気が特徴的なベトナム料理レストラン「シーズンオブハノイレストラン(Seasons of Hanoi Restaurant)」。創業は1995年まで遡ります。 店舗は創業前からある伝統的なフランス建築を使用しており、ベトナム料理店でありながら西洋にいるような雰囲気を感じることができます。老舗ベトナム料理レストランだけあって、毎年世界各国から歴史と経験あるベトナム料理を食べに訪れるお客さんがたくさんいます。家族や友人などとプライベートで使用するのもいいですが、接待やビジネスシーンなどでも問題なく使用することができます。
エムズ フレンチビストロ(EMM's French Bistro)」は、パリ出身のオーナーが手がけるフレンチレストランです。ステーキやリゾット、タパスやコールドカットなどをはじめとする料理が楽しめます。世界各国から取り寄せた料理に合うワインやクラフトビールの種類も豊富。カジュアルで落ち着いた空間で、いつもより少し贅沢な時間を。
「ラバディアンレストラン(La Badiane restaurant)」はハノイ駅近くにある隠れ家的なオシャレなフレンチレストランです。店内の雰囲気や料理の味など日本人からも評判がよく、多くの日本人が訪れています。店内は高級感のある内装となっており、ビジネスシーンやカジュアルな場面でも気軽に立ち寄ることができます。メニューはコース料理があり、価格は約30万ドン(約1500円)~40万ドン(約2000円)ほどで、日本のフレンチレストランと比べるとリーズナブルでランチやディナーなどに気軽に行くことができます。
ベトナムの1946年を感じさせられる素敵なお店「1946(Mot chin bon sau)」。店名の1946年をイメージしてできた店内や料理がどこか懐かしさを感じると評判のレストラン。人気メニューはカニ鍋でトマトスープにカニ肉や蟹味噌、豆腐などが入ったメニューです。
リーズナブルな値段でフレンチが味わえるレストラン「ラ・バディアン(La Badiane)」。ランチセットは2コースあります。スターター+メインディッシュの34万ドンのコースと、34万ドンコースにデザートが付いた38万5000ドンのコースがあります! メインディッシュは肉や魚、サラダ、パスタなど幅広い種類から選べるのでその日の気分にあわせた注文ができるのが嬉しいポイントです! レストランは白い建物と緑の内装であり、なんともおしゃれな雰囲気の中でランチを楽しめます!
ハノイ市内に3店舗お店を構えるフレンチレストラン「Cousins(カズンズ)」。素材にこだわっており、野菜は農家やダラットの高原野菜を使用し、肉や魚はフランス、オーストラリアから直輸入しています。フレンチレストランながらもニョッキやガスパチョなど、南欧料理も楽しめます。また、ワインやシャンパンをはじめとするドリンクの種類も豊富。日本語メニューもあるのでオーダーもしやすいのもポイント。平日限定のお得なランチは18万ドン〜!
ベトナムのモチモチおこわが大人気のお店「ソイエン(Xoi Yen)」。このお店のおこわはベトナム人も「ここが美味しい」と大好評。他のお店でもベトナムおこわを出すお店はありますがこのお店はいつも行列が絶えない人気店です!


あなたにおすすめの記事
もっと見る

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板